サイトマップ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


長編の館 更新のお知らせ

2010.02.19 (Fri)

こんにちわ 日下ヒカルです。

頑張ったのですが、また公募に落選してしまいました。
苦手なホラーですが短編小説を書き応募していたんですよ。
やはりというかなんというか、落ちてしまいました。

せっかくなので長編の館にUPいたしましたのでご覧頂けると幸いです。

【蕎麦と扇子】というタイトルです。
長編小説の館ですがこれは短編小説です。
原稿用紙(40×40)の14枚分です。
さらっと読みやすいものだと思います。
ついでに・・・そんなに怖くないはずです(^^;

お時間ある時にでもどうぞ♪
最終話までUPしていますので~

仮想世界 長編の館
スポンサーサイト
15:31  |  長編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


長編館のお知らせ

2010.01.03 (Sun)

おはようございます。
日下ヒカルです。

数日前から酷いくしゃみと鼻水に襲われ、何かのアレルゲンと戦っております。
限界・・・orz

いろんなものを洗濯しています。
今現在。
洗濯機フル稼働中。

これで猫アレルギーだったら、もう何も言えませんね。
どうしょうもない!
うち猫屋敷なんですよ。本当に。

さて、仮想世界 長編館で新しい小説を全話UPいたしました。
以前推敲前を公開しておりましたが、推敲後の作品です。

この小説はライトノベルズ。
対象は中高生として書いています。
小中かもしれない。
ラノベなのでかなりテンポ良く、すらすらと読めるとおもいます。
ただ、量は多いです。
40×40の原稿用紙145ページあります。

お時間ある時に読んでいただけると幸いです。
ご意見・ご感想もお待ちしております!

10:09  |  長編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


公募作品 結果発表

2009.12.13 (Sun)

ふたつの公募に応募していて、十二月中旬発表でした。

第一次審査 落選

残された公募作品は、短編二作品 長編一作品 
発表はまだ締め切りを過ぎていないものと過ぎたばかりのものがあるので不明。
一度落選したものは、公募に使うことはできません。
せっかく書いたので発表の場を設けたいと思います。
独特すぎたかな・・・作品の中身・・・
ホラーではありません。
07:07  |  長編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


パーフェクトロボット【長編】

2009.08.17 (Mon)

勝手ながら公募作品のため、8月20日を持って削除いたします。


アンドロイドと機械人と人間の住む世界で

パーフェクトロボットという都市伝説があった。

その伝説が現実のものとなる可能性が出てきた主人公「キリヤ」と

三人のクローンの女の子のSF冒険ファンタジー!



FC2小説サイトへジャンプします↓
パーフェクトロボット


1P - プロローグ (2009/06/19 UP)

4P - 第一話 スラム街の男の子 (2009/06/19 UP)

10P - 第二話 裏切り (2009/06/26 UP) 

17P - 第三話 目的 (2009/06/19 UP) 

29P - 第四話 誘惑 (2009/07/03 UP) 

35P - 第五話 太陽 (2009/07/03 UP) 

53P- 第六話 マシンシティー(2009/07/10 UP) 

63P - 第七話 進入 (2009/07/17 UP)

83P - 第八話 出会い (2009/07/17 UP)

108P - 第九話 真実 (2009/07/24 UP) 

112P - 第十話 機械人の街 (2009/07/24 UP) 

116P - 第十一話 記憶 (2009/07/24 UP) 

124P - 第十二話 時限装置 (2009/07/31 UP) New




完結しました!

長かったですね!
この作品は、公募作品のため書き方が独特な形で完結を迎えました!
校正前の状態で完璧な状態ではないのですが
現在必死に校正し、締め切りが近いため早く作業を終わらせようと必死です!
がんばります!!

長編を読んでいただき 真にありがとうございました。m(_)m


パーフェクトロボットというタイトルの長編小説をUPしました。
ブログ上での管理は難しいのでFC2のサービスにある「小説機能」を利用しております。
FC2をご利用の方は、小説機能を登録すると読んだところまでしおりを挟むという
便利な機能がありますので是非ご利用くださいませ。

感想・評価、お待ちしております!v(*'-^*)-☆

完結しました!

07:07  |  長編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。