サイトマップ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


あなたのお名前は?

2010.06.08 (Tue)

「おばーちゃん、お名前は?って!!!」
「ありません」
「な・ま・え!!」
「ありません」
「一体、どうしたら・・・耳が遠いとはいえ・・」
「名前だよ!おばーちゃん!」
「ありません」
「仕方ない。ちょっとかばん見せてね!」
「あ!!」
「どうした?!」
「有馬 千って書いてある」
スポンサーサイト
08:38  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


手首に巻く、それ

2010.05.29 (Sat)

「君はそれをなんで手首にまいてるの?」
見知らぬ男の子が私に聞いてきた。
バスの隣の席に座っている男の子…だとおもう。
「お守りなんだよ」
「お守り?!」
「そう。お守り」
「だってそれ、人の手があなたの手首を握ってるけど…」
「え?何言ってるの?人の手首じゃなくて、これは君の手首だよ」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


閉じ込められたまま

2010.05.25 (Tue)

「え?!まさか…」
どうしよう!出られない!どうしたら…
でもこんなところ、誰も来ないわ。
一体どうしたら…メールもできない。
「ママ、遅くない?」
「トイレって言ったよね?紙がないとか」
「あはは。まさか」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


落ち込む

2010.05.17 (Mon)

「そんなに落ち込んだって仕方ないじゃない。ほら、はやく!」
「なにやってんのよ!もぉ!!」
「落ち込んでたってどうしようもないでしょう!」
「何度そうやって落ち込めがきがすむのよ!」
「ほら!もぉ!いい加減にして!」
「何度落とし穴に引っかかったら気が済むの!?」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


お気に入りの場所

2010.04.23 (Fri)

「どうしてこんな場所に?」
「この子が大好きな場所だったんです」
「それなのに気づかなかった?」
「えぇ、まさかと思って」
「でも好きだったんですよね」
「ですが、こんな風にしても入り込むなんて」
「こんな風にしてって・・・母親のあなたがこんなことを?」
「しつけなんです」
「SMが?!」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


嘘をつく

2010.03.16 (Tue)

「7×7ってなんだっけ?」
突然上司が聞く。
あまりのことに答えが詰まる。
「・・・49だと思います。どうかなさったのですか?」
「うん、この計算機。見てほしいんだけどさ」
上司の机に近づき覗いて見ると計算機には48と表示されていた。
「新しいの買って来ましょうか?」
「これ君から借りたんだ」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


ボケている

2010.03.14 (Sun)

「ばーさんはボケとるんじゃ。さっき言ったこと忘れよって」
「おじいさんったら・・・またそんなことを言って。ボケてきたのねぇ」
「おばあちゃん、また独り言いって。年は取りたくないものだ」
「ボケている老人なんて相手にしたくないもんだ」
「皆さん!もうご飯食べ終わってますから部屋に戻って!」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


魅力的なはずだった

2010.03.11 (Thu)

これを食べると体重が劇的に変化☆
最高の瞬間を味わえます!
一流シェフ監修の最高級スイーツ!本日より限定発売!
美容にいい材料も含まれているらしいわね。
これを食べれば私も綺麗になるはず!
劇的に体重が変化するら十個くらい平気だわ!
「久しぶり!」
「え?!あんたものすごく太ったね・・・」
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


大運動会

2010.03.01 (Mon)

注目のレースは氷上のバトル。
互いに鎧を脱ぎ捨て命を懸けて戦いを挑む。
四年に一度の祭典だが、この競技だけは毎年出場者が少なく開催を危ぶまれる。
大人気だというのに。
観客は多いが繁盛する葬儀屋ばかりが盛り上がっている。
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


検問

2010.02.25 (Thu)

検問があっていた。
どうしたというのだろう。
免許証を取り出し待機。
初の検問体験。
随分と長く停車させるな感じつつ音楽を大音量にした。
自分の順番が来て窓を開ける。
「みっくみくにしーてんやんよぉ~♪」
流れた音楽に固まるおまわりさん。
固まったってことはお前知ってんだろ・・・。
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。