サイトマップ
FC2ブログ

スカイライン 最終話

2010.03.07 (Sun)

スカイライン 最終話 空の線路

「スカイさんから話しかけてくるなんて珍しいこともあるものだね」
「あなたは新しい個体だけれど、感情までどうやら受け継いだようね」
「感情?面白いことをいうんだね。僕に感情なんてないよ」
「ウィッカは出撃命令を了承した。あなたは殺すの?」

迷いはあった。
迷いしかなかった。
この、僕が。

0か1の判断が出来ない。
断線したかのように先を失った信号がループする。
僕も最後尾に出撃する。
つまり、全員の死は決定された出来事だ。
それを僕がどうこうできるわけが無い。
命令された仕事をただこなすだけ、それだけのはずなんだ。

なのに、何故。

「聞こえてる。お前、俺が生きていること知ってたのか?」

Fにメッセージを送って一時間後に返事が来た。
Fは生きていた。
というより、データとして存在していた。

「やっぱり保存されていたのか。お前のデータを消去するなんておかしいと思ったよ」
「お前が保存するように命令したんだろ?」
「・・・してないが、してほしいとは思っていた。僕に命令できる権限があるわけないだろう」
「本気で言っているのか?」
「そうだよ」
「で、何かトラブルか?」
「ウィッカが出撃する。僕と一緒に」
「それで?」
「どうしたらいいと思う?」

僕の質問にFも戸惑っている様子だ。
答えは無かった。

出撃の十分前に飛行機に乗る。
ウィッカの姿が見え、こちらに気づいた彼女が側に来た。

「迷ってるんでしょ?」
「・・・」
「あなたと一緒に飛べば確実にみんな死ぬんだよね」
「そうだ」
「それで、迷う理由は何?」
「わからない」
「まさか私の魔法を本気で存在するとでも思っているわけじゃないわよね」
「え?」
「あんなの、あの変にいる研究者たちが作り出したものよ。それを私が成功した数少ない例というだけ」
「そんなデータは・・」
「ないって?あなたが知っていることが全て本当に正しいの?」
「・・・」
「ねぇ、あなたは本当に空の線路しか飛べないの?空に線路があるわけ無いじゃない。
あれはただの目印。あの線はただの空路よ。それを外れてみんな自由にダンスできるの。
あなた、本当に空を飛べるの?」

僕に理解できる話ではなかった。
一体彼女は何を言っているのだろう。

「おい、行くぞ」
「はい。じゃぁ、空でね。最後のダンスを楽しんで」

彼女は言った。

「殺してあげる」

最後に声に出さずに口の動きだけで僕に伝えた。

「最終兵器の確認をする。コードネームをどうぞ」
「ウィッカ」

スカイライン上で待機する僕に聞こえた最後の声。
僕の最後の心臓の音は地上に落ちる寸前まで止まることは無かった。

「回収した?」
「あぁ。ウィッカ、お前は基地へ戻れ」
「了解。F、あなた今どこにいるの?」
「いつも通り、部屋にいる」

08:00  |  スカイライン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


コールセンターでぷるるるるん

2010.03.06 (Sat)

電話が鳴るたび頑張ります・・・。
09:22  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


子供の幸せよりも大切なもの

2010.03.05 (Fri)

この場所で殆どの子供は親と言うものに対し恨みを持っている。
それは少なからず極楽浄土へ行くための弊害でしかなく未来永劫、苦しみ続ける種なのだ。

「何っいってるの?」
それが子供たちの決まった返事であり大きな鬼を泣かせる言葉。
子供たちにとって考えられない話は常識であり、非常識が常識なのだ。
僕が思うには。

「パパとママはいつも自分達が苦労するなんてありえない。
あんたが生まれてきたから生活が苦しくなったって言ってたよ。
だから、産むんじゃなかったって。そんなものじゃないの?」

「そうだよね。私のうちもそんな感じだったよ。よくわからないけど私が悪いみたい。
何が悪いのかわからないから聞いてみたけど、蹴られるし殴られるから
何か私は悪い事をしたんじゃないかなぁ?」

「言ってもらわないとわからないけど、ママとかパパって何も言わないよね。
すぐ殴ったりするだけでさ。あたりまえだよね、そんなのって」

「そうそう、当たり前。大人ってすぐに物を投げたりして怒鳴って叫んで
あんたがいるから私が苦労するとかっていってさあんたが言ったとおりにしないから。
言うとおりに動かないからとかいっぱい怒られるよね」

「何しても僕達が悪いんだよね。何が悪いのかもうわけわからないけど
僕達がいることが悪いことなんだろうね」

「私もそう思った。だから、ここにいるんだよ」

「そうだよね。だから、こんなところにいるんだよね」

「僕達は生まれたことが悪いことなんだよね」

きっと、私達が悪い子だからこの場所にいるんだよね。

小さすぎる子供たちにって親は神であり家は世界である。
そういう状況が続く中、大きくなった子供たちもまた抜け出せないまま世界は狭く
より暗いものになっている。
だが、この場所に来て世界が明るいことを知ったのにもかかわらず
許されることは無い自分達の理解し得ない罪を抱え
死ぬことすら許されず時を流れる。

「そんなに泣くなよ。子鬼が心配するよ、また」
「・・・・」
「とうちゃんなんだろう?」

僕は僕で、この場所に来て二十年になる。
迎えが来る気配すらない。
僕は、親によって殺されたが親より先に死んだ罪でここにきている。

償うつもりなど、ない。

「僕はもうすぐ、泡になると思うな」
「・・・罪にはならないはずだ」
「でも、泡になるってことは地獄行きだろう?知ってるんだよ」
「そうか・・・」

08:00  |  賽の河原  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


成績順位

2010.03.04 (Thu)

進学校に通う僕にとって、僕を計るスケールは成績というものしかなかった。
テストごとに張り出される順位。
僕はその順位の一番下だった。
中学から私立に入りひたすら勉強したものの高校から成績が一気に落ちた。
何をやってもあがらなかったが諦めるつもりは無かった。
だが、清掃のため屋上に上がったときあまりに空が青くあまりに気持ち良さそうで飛べる気がした。

「自分で選んでここに着たのに泣いてるの?」
隣に来た僕よりは年上の女の人が座った。
「・・・」
「その制服ってあのすっごく頭のいい私立の学校だよね?私も近所に住んでたから知ってる」
「僕は!僕は頭良くなんか・・・ない!」
「そうなの?」
「そうだよ!だから・・・だからもう・・・」
「ふーん。私にとっては、君は十分頭のいい子に見えるんだけどね」
「テストの平均点が60点しかないんです!皆、もっと・・・あるし。順位だっていつも僕が一番下で・・・」

話し始めると悲しみと悔しさとが交じり合い言葉にならない感情が溢れ止まらなくなった。
僕は何故、こんな話をしているのかわからないけれど涙は溢れ続けた。

「平均点が60点?!」
驚いた声に僕は肩が震えた。
「そんなにあるのに落ち込んでるわけ?!」
驚きは違う方向のようでうつむいていた僕は女の人の顔を見た。
「うわ・・・次元が違うし。私なんて平均点とか考えたこと無いなぁ。赤点とってなければいいやってくらいでしか学生生活送ってこなかったし」
「・・・赤点?」
「・・・やだ、まさか赤点とかいわないの?今の子って」
「・・・はぁ・・・」
「そうやってさぁ、学校の中では一番したかもしれないけど私にとっては君はすごく上の存在なんだよね。成績だけで考えたとしてもさ、自分なりのキャパシティーはあるわけじゃない。いっぱい努力していっぱい頑張った結果なんでしょう?上ばかり見て歩いてたらそりゃ疲れるよ。だからって、私みたいに下ばかり見て落ち込んでても肩凝っちゃうよね。それに、上ばかり見ても下ばかり見ても先を見てないから躓いちゃう。こけたら痛いし、立ち上がるまで時間かかるじゃん?だから、前見てあるいてたら楽になるよ」
「・・・え?」
「上見た時に、学校の1位の人しかみてないでしょ?でも、世界中で見てみたら?その1位の人ってどのくらいすごいの?外国なんかみたら飛び級とかあって子供が大学生になってるときだってあるんでしょ?そんなやつと比べてなにがどうすごいとか比べられないよね?もう異世界人みたいな勢いじゃん?君は自分が一番下って落ち込んでるけど、違う格好のもっと偏差値が低いところから見たら君はとても頭のいい子になる。すっごく頭のいい子になるんだよ」
「・・・そっそうだけど・・・」
「勉強が出来て損はないと思うよ。でも勉強だけ出来ても意味がないんだよ。諦めるのが早かったね」
女の人はそういうといきなり持っていた水を僕にぶちまけた。

「冷たっ!!」
「馬鹿!馬鹿!馬鹿!馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!!!」
「なっなにを!!」
「てめーで死ぬんならその命私にくれればよかったのに!死にたくなんか無かったのに!!馬鹿やろう!!」

女の人はそのままそっぽを向いて歩き出した。
奥のほうで静かに石を積み上げる。

この賽の河原で僕も石を積み上げる。
同じ制服を着た1位だった学級委員の委員長と一緒に。
08:00  |  賽の河原  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


素朴な疑問

2010.03.03 (Wed)

庶民スーパーに止まる車。
僕は初代ヴィッツ。
色はもちろんピンク。
MT車。最高・・・。
乗用車ではあるが、庶民向けのお買い得な車。
当時はMTの方が安かった。
今は、なんとMTの方が高い・・・ 何で!!

その駐車場に止まっている車種を見ていると面白い。
なんでこんな庶民スーパーに来るのにベンツなんだろう。
なんでBMなんだろう。
なんか間違ってない?
キャパシティーの偏り方が・・・。
そんな車維持できるんならデパート行けよ。デパ地下が我がスーパーの勢いじゃないのかよ。
なんて思ったりする。

お買い得品や割引シール沢山の買い物カゴ。
カートを押していく先はSクラスベンツ。
どういう生活してるんだろうと疑問に思う。
Cクラスだったとしてもあれって4.500万はするよね?

今日は見慣れぬ車がいた。
確実に高そうな黒塗りの乗用車。
すげーでかい。
火の鳥?っておもうようなエンブレム。
ホイールまでその絵があった。
よく見たら鳥じゃなくて人のようだったがゴールドエンブレムである。
どっかのお代人が乗っててもおかしくなさそうなのに止まっているのは庶民スーパーの駐車場。

不景気というが車はその人を現すキャパシティーとも言われている。
男性は特に女性に対し一番示しやすい道具の一つといえるだろう。
一旦持っているものを手放すのは容易なことではない。
だが、そのアンバランスがわかってしまったとき逆に格好悪いと思うのは僕だけだろうか。
さて、そんな僕もアンバランスになってきたので車手放すことになりそうである。

正直、すげー悲しい。

ある事柄で人生の中の最高記録を更新中。
すごすぎて目からうろこというか、開いた口もふさがらないというか
なんと例えていいかわからない。
あまりのことに笑ってしまいそうになるがその笑いもどちらかというと嘲笑されている気がする。
僕は決して笑えない。
笑えないが最高記録は更新している。
あまりにすごくて落ち込み具合は酷いものだが慰めてほしいといっても慰めてくれる人はいない。
気力が枯渇している分慰めで埋めたいが逆に枯渇を促進させられた。
もう枯れ果てた後。
枯れようが無い。
ひびが入るだけ。

そうして水が入り始めても漏れる一方で中々たまらないだろう。

あぁ・・・顎にできた吹き出物が化膿して痛い・・・。
更に、顎関節症をそっとしておいたのにグキっ!とやっちまってくちあかねぇ・・・
顎痛いしだるい・・・
食べる時に噛んだり話すことがイテテテテとなるのである。

だから両ほっぺに今シップしてる。
誰も突っ込みいれないよ。
あまりにすごい顔だから(笑)


18:23  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


ひーなまつり ひっかるっちゃん~

2010.03.03 (Wed)

おだいりさ~まと おひなさま~
ふ~たり ならんで すましがお~

およめにいらした ね~さまに~

よくにた かんじょの しろいかお~

あかりをつけましょ ぼんぼりに~

おはなをあげましょ もものはな~

ご~にんばやしの ふえたいこ~

きょう~はたのしい ひなまつり~

この歌詞 知らずに歌ってたけど、お雛様って嫁に行ってるんだね・・・
08:00  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


雪女の恩返し

2010.03.02 (Tue)

気が付けば空は薄暗い雲に覆われ、先ほどまで顔を出していた太陽はいつの間にかどこかに行ってしまっていた。
今日は確かに曇りといっていたような気もするが油断していたようだ。
「帰ろうか」
雨が降ってきたため駐車場へ移動し始めたときには大雨になり、あっという間に霙になってしまった。
「車取ってくるから、ここで待ってて」
車を取りに走った背中を見て、待っている場所に中々こない事を不思議に思うと
その先を見るとどうやら行き止まりで来れないようだ。
走って車に飛び乗り「寒い!」と笑いながら言った。
やはり行き止まりだった。
雲は容赦なく天気予報に従い車を走り出したときには真っ暗になってきた。
「あれ?降ってきた・・・?」
フロントガラスに付いた霙ではなく雪の跡。
跡はどんどん増え、ワイパーで拭うも追いつかなくなっていく。
「やばい。Uターンしよう」
雪は辺りを白く染め上げ始めた。
路面は凍結し、風は強くなり、冷たい空気が抜けていく。
次第に運転手の意思を殺いでいく。
「登れるかな・・・」
そう聞いたとき、僕は焦った。
いえなかった。
僕がこの雪の原因だと言う事を。

「あ、ダメだ。動けない」
坂をあと少しで上りきるその瞬間に車は動きを諦めた。
諦めたと言うのは御幣があるかもしれない。
雪が積もる中、辺りの車も滑りながら登っていく。
危うくぶつかりそうになりながら頼りない動きを見せている。
「どうしようか・・・」
助けを待つ間、何も無いこの場所で出会った。
というより、久しぶりに会った。

「あれ・・・」
「どうした?」
「ちょっとトイレ借りてくる」
吹雪の中、僕は車を降り駆け寄った。

「やっぱり」
「・・・なにやってるの?こんなところで」
「何って・・・ちょっと人間になってたんだけど、車って乗り物で立ち往生してるんだ」
「そうなんだ。私も人間になったんだ。ここ私の寮なんだけど、異性は立ち入り禁止だから急いで」
「・・・あ、うん。ごめん。」
急いでトイレを借り、吹雪いている外に出ると彼女はホットコーヒーと紅茶を手に持って待っていた。
「これあげる」
「・・・え、あ・・・ありがとう」
「言ってないんでしょ?あの車で待っている人」
「・・・うん。言ってない」
「雪女だった事、黙っていてもいいけれどそのうち時期は来るよ」
「そうなんだけど・・・」
「まさか、本当に惚れてんの?」
「・・・」
「しかたない。ほら、これもあげる」
「スナック?」
「美味しいんだから!ほら、戻った戻った!」
「・・・うん。ありがとう」
「また、この辺来たら寄ってよ。私、この山の主になったからさ」
「そうなんだ」
「そうよ」
「じゃぁ、雪止めてくれない?あはは・・・」
「無茶言わないでよ。それは私じゃないでしょ・・・」
「そうだね・・・」

僕は雪女の子供として生まれた。
男が生まれるとき女が掟破りをした証。
その僕は隣にいるこの人と一緒にいることを幸せと思っている。
でもこれは、本当は・・・。

あぁ、僕はもう・・・意識を保てないよ。
雪に溶けてしまうから。

「おまたせ」
「どうしたの?それ」
「ジュースとお菓子貰った。大変だねって」
「え?!お礼言えばよかった」
「大丈夫だよ、あの人は溶けたから」
「溶けた?」
「ううん、なんでも、ない」
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


ローカルな話

2010.03.01 (Mon)

福岡市地区の方は身近に感じると思う(^^;
19:58  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


大運動会

2010.03.01 (Mon)

注目のレースは氷上のバトル。
互いに鎧を脱ぎ捨て命を懸けて戦いを挑む。
四年に一度の祭典だが、この競技だけは毎年出場者が少なく開催を危ぶまれる。
大人気だというのに。
観客は多いが繁盛する葬儀屋ばかりが盛り上がっている。
08:00  |  140文字までの小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


冷たい雨

2010.03.01 (Mon)

大粒の雨が急激に降り出し

僕は体も心も冷たくなって

たった一人で死んだ子供の亡骸を抱きかかえながら

道路に立つ。

予想以上に育っていた子供の重さと大きさは震える体をうまく動かせず

必死に家につれて帰った。

誰もこの子を殺した罪を問うことはしない。

僕はこの子たちが生きているのは死ぬためなのかと思うことが多々ある。

ただ、自由に生きたいだけなのに。

それすら許されない世界。

この子たちはわかってる。

何が起きたのか

何があったのか

でも、どうすることも出来ないから

潰れた心を顔にのせたような顔をして

僕を見る。

またなの?って。

僕は何もいえない。

何もしてあげられない。

してあげたいと思っても、それは僕の我侭。

閉じ込めて、首輪をつけて、散歩はリードつき

彼らは嫌がる。

自由がいいという。

でもその自由は、引き換えを命だと叫んでいる。

それをわかっているのか僕は聞くことすら出来ない。

小さな小さな体でたった一人で死んでいった子へ

怖かっただろう。

痛かっただろう。

もうこんな思いはしなくていい場所にいける。

だから、寝なさい。

ご飯を沢山食べて寝なさい。

おやすみ。

07:45  |  涙の意味  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


PREV  | HOME |