サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


ちょいとお知らせ

2011.09.26 (Mon)


私事ですが結婚式の準備等でまったくブログ更新が出来そうにありません。
生きていますのでご安心を(笑)

急に寒くなってちょっと体がきっついけど
なんとか生きてます。

数日福岡に帰ったものの用事を済ませるだけで精一杯で誰とも友人達とは会えずじまいでした。

猫も誰も覚えてないし 引っかかれるし 私の部屋はおしっこされてベッドは死んでるし
母が甘やかして育てた子猫どもは悪い事ばかりしてますね。
まったく!!ヽ(`Д´#)ノ


よく考えたら私がいつもしつけていたんだと再認識。


うーん(汗)


ということで、結婚式終わるまでしばしのお別れ!


10月初旬です!


日下ヒカルより



スポンサーサイト
14:13  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


十日目とバースデイ

2011.09.19 (Mon)


「十日目とバースデイ」 ショートショート 日下ヒカル


生まれた日を覚えているのは誰一人として自分だと豪語できる人はいないだろう。
僕はいつ生まれたのか、いつ誰が生んだのかわからない。
気がついたときにはこの家にいた。

いつもいつも同じ窓から見える景色は同じ人が行きかう道路しかなく
爆音と共に動き出す何かは僕にとって脅威だ。
迷惑この上ない。

僕はこの窓から見える世界が不思議だ。
この家に繰るまえのことはあまり覚えていない。
僕はただ生まれ生きることを許された。

誰かに。

きっと僕はその辺のゴミと変わらない存在だった。
それを変化させたのは僕と一緒にいる人間の存在。
いつもいつも僕を抱きかかえ、いつもいつも僕の手足をばたつかせて話す。

僕はずっと待っていた。
誰かを。

誰かを待っていたけれど僕は話すことも立つこともできない。
食べることもしない。

よくわからない世界でよくわからないが僕は生まれた。
この人間がいつも僕を動かし、僕を操る。

僕は僕であって、でも僕という意識は本当はないのかもしれない。


たった十日間の出来事。


僕はその日小さなきっかけで消えてしまった人間を恋しく思う。
ほこりかぶった僕をみて抱きしめてくれるだろうか?
いつものように話しかけてくれるだろうか?

僕はただ一人待っている。
誕生日を知る人を待っている。


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

15:05  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


大人の付き合い(子供編)

2011.09.18 (Sun)


大人の付き合いが怖ろしいと感じた日下ヒカルです。
おはようございます。

結婚式ラッシュの我が家は予想通り台風女である私は台風を2個も呼び寄せました。
さて、無事に結婚式に出席できる…

Σ(O_O;)


爆発音がした…(汗)
なに…?


隣のアパートの住人のバイクだ。
いつも以上に五月蝿いヽ(`Д´#)ノ
すげービビった…。


出席できるのだろうか…orz


さて、昨日ひょんなきっかけで知った現実にこんな事もある!という怖ろしい話だ。

私達が子供の頃は友達の家に遊びに行くというと大抵、親がお菓子みたいな「お持たせ」を必ず持たせていた。
その「お持たせ」だが年々持たせる人が少なくなった。
大人になっても習慣がないため初めて訪れる家だったり、友人宅だったとしても手ぶらで来る人が多い。
それを恥じることなく当たり前のようにしてくるのだ。

気遣い 心遣い

それは「あって当たり前」ではないものの「他人を計れる要因のひとつ」になるのは誰しも同じではないだろうか?
計るという言い方をするのは極度な言い方だが「相手が自分をどう思っているか」が分かる瞬間ではないだろうか。
例え持ってくることが出来なかったとしても一言あるだけで違うわけだ。

「ごめんなさいね。ちょっと買える時間が無くて、何にも持ってこなくて…」

持ってこようとしていたという気持ちが嬉しいじゃないか。

私の年代でもそうだが、そういう習慣のない人は少なからず居る。
大人の付き合いになればより顕著に「あの人、絶対自分から買わない人だよね」と陰口で遊ばれるだろう。
気持ちは相手に例え儀礼的なものだったとしても伝わる。
嬉しい気持ちに変わる。
人間だから感情のある人間だ。
その後の行動にも左右されるだろう。
無意識でもよぎるはずだ。

「あの時、良くしていただいたしなぁ~」って。



問題はここからだ。


最近の親は「お持たせ」に対して苦情を言ってくるというのである。
例えばおはぎを作ったりして子供に持たせて渡すと、「あんな汚いものを持ってくるな!」と苦情が来るそうだ。

他人の手作りなんて 食べたくない 汚い という意見らしい。

この人たちは外食も出来ないだろうなんて思ったら、単に自分が気に入らないものに対して苦情を言ってくるそうだ。
例えば手作りのケーキだったら「私も欲しい」と要求するらしい。

手作り = 汚い

という図式ではないらしい。

おはぎだと手で握るから?と思ったが、クッキーだって手を使う。
洋菓子であれば今風であり美味しそうと感じるから子供が家に帰ってきて「○○ちゃんちでクッキーもらった~」というと、要求する。
だからといって「おはぎ」という今風ではないちょっと古めかしいものを作って持たせると「汚い」など難癖つけて文句を言う。
本気で食べないらしい。

では、買って行けばいいのか?

と思ったが買ったら買ったで「あの店の安いやつかよ」と文句いいそうだ。

こうなると、ケーキの間に生クリームじゃなくてわさびを詰めたろうかと思ってしまったが
既にこういう人間自体が異常者であり付き合いなどしたくも無いわけだ。

親は。


ところが、子供同士は仲がいいなどとなれば面倒この上ない(^^;


今までの感覚で居ると、習慣のない人達にとっては「はぁ?!」と
好意を好意で受け取れない人が居るという人種が増えてきているらしい。
また、何でも言えば通ると思っている節があるようで言葉に責任を持たない人が多いようだ。

自分のことだけを考える。

人にどう思われようと関係ない。
自分さえ良ければいい。

中々難しい人種である。
昔から居なかったわけではないが、きっとそれなりの何かがあったはずだ。
それが正しい形とはいえないだろうがコミュニケーションがとれない以上、誰一人として側にはいなくなるだろう。

ふーむ。

ちょっと考えさせられた有意義なお話が出来た昨日の夜。
とても楽しかったのでした。

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

10:54  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


価値観の違いなんだろうか?

2011.09.14 (Wed)


私はとある相談できる場所があってそこはまったくの第三者が回答してくれるから
ドライに答えを聞けるところだとおもって利用している。

どうも、日下ヒカルです。

昨日は完全に熱を出し、微熱なのにも関わらず酷く関節痛とだるさに寝込んでしまいました。
根詰めて結婚式の準備をしているのに自覚はあったのだけれど
久しぶりに寝込んでこんなに何もしない日は久しぶりだと思った。

毎日、毎日、あれこれ決めなければならない。

それを全部ひとりで考えてメールして手配して、忘れがないかチェック。
そんな毎日。
本当は確認して欲しい事項があっても中々仕事終わっただーりんに聞きづらいし最低限の事だけお願いしている。
だーりんは製作しているものがあるし。


さて、昨日書いた日記にて私はちょっと疑問に感じてしまった。
文章の解釈・言葉の解釈は10あるうちの伝わるのは1だと聞いたことがある。
だから10あるうちの10を伝える事ができたら何の仕事だって出来るよと専門学校の先生に言われた事がある。
私はその言葉が目からうろこで心の芯になっている。

伝える事、伝わる事、差が生まれないようにしたい。
逆に、伝えている事、伝えようとしている内容を誤解の無いように受け取りたいとも思う。

状況・状態によって変化する言葉。
それは取り巻く環境によって七色なので難しい。

とはいえ言葉には元々意味があるわけで、その言葉を発するにはそれなりの覚悟があると私は思っている。


ところが相談したところの回答が面白いように割れた。

①単なるお節介であり、他人が言うようなことじゃない。無視しろ!
②お節介だろうと感謝すべきだ!お前は感謝できないのか!何で分からない!

大多数が①でたった一人だけ②の回答だった。


だから人によって本当に言葉一つとっても受け取り方が違うんだなと思った。
間逆の回答だった。
どうあがいても感謝に繋がる要因はその方からの回答を得られなかったので、
折角だから論破してほしかったのだが諦められてしまった。
伝えるのが面倒と思ったかどうか分からないが「こいつに何言っても伝わらない」と思ったことに違いは無い。
説明できないからもう止めますといっているように感じるので私は実際好きな終わり方じゃない。

回答を求めていて頂けている状態には感謝すべきでありありがとうは伝えておきたいと思う。

論議する事は好きだ。
相手を理解したいし、どうしてそういう考えにいたったのか知ることはとても楽しい。


一番問題なのは何も考えずに「言いたいだけ」の人たちだという事だ。
何の気持ちも無い。
ただ、なんとなく言いたいだけ。
ただ、なんとなく話したいだけ。

目的も、目標も、理由も無い。

そういう人が難しい。

話を流そうとしても続ける。
続けてもどうしようもないこと。


そういう人かどうか見極めるなんて難しい。


ふと、聞いてみた。
何も考えず話半分で聞いて欲しいと。
そうして、出た答えは①と同じだった。

②という答えは出なかった。

十人十色。

難しいな。


ただ、②の答えを出せた人は嫌味を言われてもそれを好意に受け取ってしまうほど
幸せな人生を送れる人なんだと感じた。
言葉に裏側なんてない。
言葉はストレート。

魂があり、意味がある。


そう思うのも私の勝手。
私の世界。


でもそれが、言葉の裏の意味を勝手に解釈して幸せに持っていけるポジティブ思考は私にはない。


ところで、風邪ひいたみたいです・・・







テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

09:50  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


あっついね。

2011.09.12 (Mon)


どういうわけか、昨日ぶちきれた所為なのか母がねこの模様のバッグを買ってあげました。
とメールが来た。

雹が降るか、ハリケーンがくるか、はたまた噴火が起こるか知りませんが
母の趣味がちょっと分からないというバッグだったけれど
ありがとうと言っておきました。

昔から母の趣味はよくわかりません。

そして、写真に送られてきた次のねこ写真は何故か外ねこが家ねこと普通に過ごしてました。
あれ?家ねこに昇格したのかしら?

積もり積もって爆発した昨日でした。
頭痛も酷くたまりませんでした。
今日は頭も痛くないし少し落ち着いています。

式の準備もずっと毎日してるし、殆ど下準備は私がしているので段々疲れてきたのかもしれません。
お金がかかるのは仕方の無い事だけれどすごい金額だよなってやっぱり思ってしまう。
でも、けじめだからね。

イライラを押さえる為にも豆乳をせっせと飲んでいます。
ストレス解消なんていうけど、私は苦手。


生協のカタログ見るのは好きかな。
女性雑誌なんて高いから買いたくないし見てみたいけどさ。
だーりんがね「ねこのきもち」って雑誌は買っていいよって言ってくれて購読してるの。
本当に楽しい記事が満載でいつもいつも見てる。

ねこはいいね。

しかし、来週帰るけど あいつら忘れてるだろうな。
私のこと。

お土産にカリカリを買っていこう。
そうしたら少しは株が上がるだろうか?

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

11:40  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


娘の言葉は価値が無い

2011.09.11 (Sun)

おはようございます。
ヒカルちゃんです。

お元気ですか?
私は昨日酷く頭痛がして微熱が出てぐったりしてました。
イライラが酷くてたまりません。
本当に腹立たしくてブチ切れてたけれど、どうしようもないことはどうしようもない。
我慢しかない。
私がいつだって悪者なんだから。

浜松に結婚式の打ち合わせで行っていたのですが、帰りの高速道路は結構辛かった(о.ο)~‥o〇
うーんうーん(汗)

だーりんも仕事を休み取ってまで頑張って準備に翻弄しています。
私は私で色々考えたり下準備をしています。
あれこれ 頑張る。

知恵熱が出てきそうになってます。

さて、そんな中ちょっとした疑問があったのです。
それは親族紹介のときの紹介のしかたです。
親族紹介のときに代表者が紹介するパターンが多いと思いますが
代表者主体でいうと、「僕の妻の妹の夫の○×です」とわけわからないくらい長くなってしまうわけです。

一体 どうしたらいいの?!。・゚・(*ノД`*)・゚・。

プランナーの方に聞いてみると
「それはね、新郎新婦から見た肩書きで話すんですよ~
例えば、ヒカルの叔母の○です。とか。
そのくらいでいいんです。
紹介の仕方は両家で統一してくださいね!」

Σ(O_O;) ナント!そうなのか!!

それはそれは目からうろこの情報でした。
うんうん、ナイスあいでぃーあ!
というころでそんな風にしようと私たち夫婦は決めて親達に伝えることにしました。
義弟の結婚式で戸惑ったパパさんは「なるほど!」と納得されGoodな反応でよかったヽ(´¬`)ノ 

しかし、問題は… 全ての問題は私の母親です。
何でもかんでも自分さえ良ければいい。
自分がいいと思うものは誰でもかれでもいいと思っている。
体裁だけは気にするから、今まで我を通してきた事をその場で勝手に突然手のひらを返して動き出す。

はっきり言って迷惑な人です。

そう思って先ほど私の母に親族紹介の仕方を教えたところ
「そんな事まで…どうでもいいじゃない」

という反応。

「こんな風にしてくださいといっている意味が分からないの?」ヽ(`Д´#)ノ
「別にどうでもいいじゃない。妹の○ですとかでも」
「私から見たら叔母ちゃんでしょ!!だから、叔母って言うの!」
「そんなどうでも…」
「あっそ!統一してくださいっていってもしなかったら恥じかくのはあなただから勝手にしてください!」\(*`∧´)/ ムッキー!!

ガチャン(電話を切った)

正直思う。

この女 を どうにかしてくれ orz

どうして決まった事を伝えていていわれて決めた事をちゃんとしたがってくれと言ってるのに
無理難題を言っているわけでもなく非常識な事を押し付けているわけでもないのに
反抗するの?
どうしてなの?
自分の姉妹や他人の話なら聞くのに私の話しは何で聞かないの?
どうしてどうやってどうでもいいとかいえるの?
あんただけの問題なの?
私も同時に恥じかくのよ?
花嫁姿でぶちきれて言い訳?
そんな大事なイベントのときにどうでもいいことなんてあるの?


もう 結婚式来なくていいよ マジで。

どうしてぶち壊すの?
どうしてイラつかせるの?
どうして問題起すの?
どうして色んなことで大変なのに私を困らせるの?
どうして常識的なことを考えてくれないの?
どうして周りを見てくれないの?
どうして自分勝手なの?
どうして人の話を聞かないの?

勝手にするなら勝手にしてくれ。

でも来なくていいよ。
当日仮病でも使って常識ある叔母に母の代わりをしてもらうから。

そのくらい はっきりいって 迷惑しかかけられてないんですけど。
結婚式の関係で。
ぐちゃぐちゃと、勝手に振り回して、来ない親戚にまで招待状出せとか意味分からないし。
出さないと決めた事をたった一言叔母にいわれただけで言う事聞くくせに
私のことはどうでもいいで済ますわけね。


私の価値がよくわかる言葉だわ。


親を見て 親のようになりたいと思う子供は幸せよね。

あれだけにはなりたくないと 常日頃 思う。
絶対になりたくない。
あんな女に。
あんな親に。



帰ってくるな いちいち年末年始帰ってこなくてもいい 帰ってきても大変だから
とか言うくせに、あちこち周りには「ひとりで寂しい。」「実家が近い人はいいわね」
「すぐに会えるところに子供がいるのはいいわね」といったり
その度に周りから電話で「お母さん寂しがってたわよ。」なんていわれて。

どうしろっていうの?
私が遠くに嫁いだのがそんなに責められるのことなの?
言ってどうするの?
寂しいといっていたと伝えてなんといえというの?
どうしろっていうの?
帰れって?

そんなこと伝えられた方はなんていえばいいの?
帰ってくるなって言われてるからといっても「強がってるだけだよ。」とかなんとか。
絶対に母の見方の反応で返してくる。

じゃぁどうしろっていうの?
帰れって言ってるの?
遠くに嫁いだお前が悪いといいたいわけ?

いい加減 何もいえない私にいう人間が 多くてむかついてたまらない。

何もいえない
言えば角が立つような場面が多い
嫁の立場
それは 自分の親でさえ 親戚だろうと同じ

言いたいことがあったっていえない
言ったって悪口なんてつもりがなくても、不平不満を言っただけで「あいつは悪口を言った」となる。
「遠くに嫁に行ってたったひとり親を残して」とか言いたいんでしょ?
で?って感じなんですけど。
親の面倒見て親のために生きて死ねといいたいんですか?
遠くに居るだけでそんなに責められなきゃいけないんですか?

なにもしらなくて ちゃんと聞いて「これをしていいか?」といって「いいよ」といわれたからしているのに
やったらやったで「なんでしたの!?」と言われたり。
「やる前にちゃんと確認したじゃないか」そういったって覚えてないから責めてるんだ。
だから何もいえない。
何も知らない事まで理由付けする。
知らないし。聞いてないし。何の話?
だったら何で途中でいわないの?
ずっとずっと作業してるのに。
しなかったらしなかったで「何でしないの?」っていわれるじゃないか。
だから、ちゃんと確認したのに。

完成して出来上がって何もかも終わった後に文句を言う。

みんな 同じ。

全部 全員で 私を責める。
何もいえない立場をいいことに言いたい放題。


私に何を期待してるの?
何を言えというの?
何をしろというの?
何も言わなくても勝手に自分の思い通りに動くロボットになれって言いたいの?


気を使ったって 文句言われて
だからといって何もしなかったら 何もしないやつと言われ

文句だけ。
文句ばかり。
小言ばかり。

都合がいいときだけ出てくる「ありがとう・ご苦労様・おつかれ」
そうやって利用して便利だと感じたときだけ言うんだと感じる。

私は好きになれない言葉。

時と場合によっては適当にあしらわれているように感じる。
一言いっとけば、何もしてなくても、何も言って無くても問題ないだろう。
感謝はしてるあげてるんだからといわれているようだ。

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

10:56  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


あと一ヶ月!

2011.09.03 (Sat)


10月初旬に結婚式です。

後ちょっとしかありません。

9月下旬には従兄弟の結婚式があるので本当に準備が大詰めです。


こんにちは 日下ヒカルです。


って、すげー雨が降ってきたんですけどΣ(T□T)
風もすごいし。


今日やる事リスト

家計簿
お手紙 清書 二通
写真リストアップ
曲 いじくる
wmfのムービーをDVDプレイヤーで再生できる方法を探す(エンコーダーがフリーでないかな?)

掃除機
床雑巾がけ 本気モード
お風呂掃除 本気モード
トイレ掃除 本気モード

さて、頑張りますヽ(´¬`)ノ 


台風が逸れて上陸はしないけどスゲー風。
なにこれ。

皆様の地域は大丈夫ですか?
農家の方は大変ですね。
風が酷すぎる。
作物が心配でなりません。
無事乗り越えますように。

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

12:55  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。