サイトマップ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


嫁とは

2012.02.27 (Mon)


母といっても私の母は多分同世代の親より10以上年が上である。
晩婚の先駆者ともいうべきか?
結婚が遅かった母。

母の親族は非常にややこしく母のおばさんといいながらも母の兄弟と同じ年だったりする。
わけが分からない。

そんなおばさんといってももう80過ぎているおばあちゃん。
私は会ったことがあるかどうかさえ知らないが相手は知っているようで
開口一番に「子供はまだか?まだできんとか?」と。
五月蝿いと思ってとってしまった電話を母に渡した。
話す気など毛頭無い。
確実に余計なことしか言わないからだ。

子供はまだかと冗談めいた言い方だととしてもいわれると異常なるプレッシャーを感じる。
私だけだろうか?
「いつかできるよ」というような言葉もある。
私もそう思おうとするが、思おうとする度にプレッシャーが来る。
遠慮なくいってきた見知らぬおばさんの言葉も抜けない。

そのおばあちゃんが母と電話していたときに

「今はいい。昔は嫁に行くというのは単なる女中のようなもので
命令され人のためだけに働かされるようなものだった。
小姑や姑は煩く、苛められ大変だった」

そんな言葉を聞いた。

それが当たり前だった時代だったのかもしれない。
私には分からない。

でもおばあちゃんは
「独りになった今気楽過ぎて最高!好きなことを何でもできるから幸せ」という。

この人の人生はなんだったんだろうと思った。

結婚した途端、今までの人生とはまったく別の人生になる。
立場も大切に育てらた子供ではなく奴隷のように働かされ、子供をせかされ産み育てて働く。

そんな 人生。
幸せだったのだろうか。


所詮 他人同士。

家族なんて存在したのだろうか?


嫁の実家に行くのと夫の実家に行くのでは相変わらず根付いている「男女の差」が生まれる。
例にも漏れず私の母も同じ。
男の人にさせるわけにいかない。させるわけがないじゃない。何かするほうがおかしい。
女はどこでも手伝ってなんでもハイハイといってしないとおかしいという。

この待遇の差は何なのだろう。
日本人ってどうしてそういう価値観なのだろう。

私には無いので理解しがたい。

なんだか疲れてきた。
基礎体温つけても、何しても、分かるのは自分が精神的におかしくなる時期だけ。
ホルモンバランスに振り回されてたまらなく苛苛する。
それは爆発させたいのだが我慢し続けている。

永遠に。

いつかきっと、周りから言われる日が来る。


子供を産むだけの役目のような女の存在のように聞こえる。
子が居なかったらまるで無用の長物のような言い草に。

あぁ、なんて怖いんだろう。
産まれたら生まれたで起こりうるすべてのことが私には怖い。


当たり前だと思いたくない。
不安でたまらない。


でもそんな先のこと。
生まれても宿っても無い命。


きっとそんなだから、コウノトリは私を母親にしないんだろうと思う。

資格が無いと思っているのだろう。


というわけで、現在精神的ブルーDay


スポンサーサイト

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

09:10  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


人が避けて通る仕事

2012.02.26 (Sun)


猫が行方不明になって何日だろう。

14日夜から脱走。

11日目

いろんなところに投稿した。
電話もした。


そして今日、最後の場所に聞いてみた。



路上などで死亡した犬猫を引き取ってくれる業者のところ。
市から委託されている業者である。


電話をするとき心臓が破裂するかと思った。


意を決して電話した。

すると、対応してくれたおじちゃんは落ち着いた声で猫の特徴を書きとめ
連絡先等を聞くと

「日報を確認するので折り返しますね」

と、言ってくれた。


その後連絡がすぐにあり
「そのような猫は収容されていません。」

そういわれた。


どれほど、安堵したことだろう。


「お宅様のように首輪してたりする猫はちゃんと保管しておくんです。
1週間ですけどね。そうやって電話かけられてきますからね~。
首輪してたら連絡先とかあれば連絡もしたり。」

「首輪が取れてる可能性は?」

「首輪が取れるほどとなるとよっぽどひどい時なのでそれはあまり無いと思いますよ」

なだめるように、ゆっくりと話すおじちゃんの声は優しかった。

誰もが顔をしかめる遺体に触れ祭ってくれる人。
誰もが願う「誰か助けてあげて」。

その、誰かさんだった。


誰一人として、路上に倒れ轢かれている猫を見て傍による人は居ない。
私の家も何匹も犠牲になったが知らせてくれた人は「なんか倒れてるんだけど」と言葉を濁す。
唯一、慌てふためいていた私いをなだめ見知らぬおばさんが傍に居てあげるから!と
いったん家に帰ることを進め来るんであげられるものを取りにったときがある。
犬を散歩させているおば様だった。

見知らぬ人だけれど、うちに猫がたくさん居てふくふくした猫が寝ているのを知っている。

見過ごせなかったのだろう。
かといって、手を出せなかった。

不浄とかそういうんじゃない。


ただ、怖いんだ。


死を認めるのが。

たくさんの見知らぬ人から背中をなでられた記憶はある。
猫が嫌いで文句言ってきたばばぁもさすがに家に飛び込んできて教えてくれた。


出さないようにしていたのに
嫁に行ったとたん、家のルールはゆるくなり母は外に出すようになった。

結果、この様だ。

どこにいった。
グレイス。
帰ってきてくれ。

お願いだから、帰ってきてくれ。

生きてるなら電話してくれ。



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

11:10  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


帰宅日決定

2012.02.25 (Sat)



29日に帰ります。


ヒカルより。
10:29  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


妻 娘 ねこのママ

2012.02.23 (Thu)




日下ヒカルです。


タイトルのどれにも当てはまらない名前。
それが、今ここに書いている日下ヒカルという名前です。

ねーね でもなければ
あーちゃんでもない

実家に帰ってきたけれど母にとってそれはよかったことなんだとは思う。
しかし、予想以上に周りの反応がうるさかった。

偶然固定電話に出たら遠縁のおばさん。
といっても、私から見たらもう関係は親族でもない気がする…
が、相手は私を知っているらしく(私は知らん)
「あら?あんた結婚したんでしょ?子供は?」
開口一番にこうだった。
驚いた。

子供を生む機械と発言して辞任した大臣が居たが、大抵そう思っているのではないだろうか?
でなければ、結婚して数年たった人に「子供はまだ?」なんて聞かないよね。
「子供は居るの?」なら、きくのは仕方ないと思う。
いるかいないか知らないんだもん。
いたら、時間とか色々あるしね。
お母さんだからご飯の用意とか子供が帰ってくる時間とかあるしって思うから菊と思うけどさ。

母がネコが居ないことで意気消沈している。
私が帰ってきたことでぐじぐじいっていた初日よりはまだマシになってきた気がする。
ネコたちも「さがしてきてよ!」と言ったところで協力的ではない。
ネコは単独で生きるもの。

「しらんがな」

という顔だ。

近所を歩いて捜索するものの、姿かたちなく。
勇気を出してその辺の人に聞いてみたが「ネコは見ない」という情報だった。
つまり、捜索しているところが間違ったかもしれない。

ねこは裏路地に行く。
屋根伝いに歩く。

とても捜索は難しい。


以前、捜索できるようなICチップを埋めようとしたが
最高に痛いから普通はめちゃめちゃ子猫のときにするといわれ止めた。

ネコに携帯電話を持たせればよかった。


まぁ、出てくれればいいんですけどね。



「さっさとかえってこんかい!」といいたいです。


なんでもいいから、生きて帰ってきて欲しいな。
生きててくれるだろうか。


保健所等からの報告はなし。
とはいえ、人懐っこくもなくほぼ家ネコ育ち。
温室で育った甘ったれが突然外でご飯を食べられる環境でもない状態で生きられるのだろうか。

限界、2週間。

もうそろそろ、2週間たつ。

二月末くらいには家に戻ろう。
正直、覚悟を決めるしかないとおもう。


誰かが拾って気に入って閉じ込めちゃったのかな?

あんまり かわいいからって…

テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

17:01  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


突然ですが

2012.02.22 (Wed)


実家に帰ってきてます。

やほー。

ただいま、福岡。


というわけで、行方不明ネコ捜索と意気消沈しまくって
死相の出ている母のそばにおります…。

はぁ・・・

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

15:53  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


はっぴーばーすでい!

2012.02.17 (Fri)


ヒカルちゃん 31歳になりました☆

おめでとう。

ありがとう。



プレゼントお待ちしております。

以下、欲しいものリスト。

・ハンコセット(兎に角いっぱいあるやつ。いっぱい押したい!)
・ぷっくりした動物のシール(沢山欲しい!)
・ピクルスグッズ(ぬいぐるみ以外で。ぬいぐるみは相性があるから!雑貨系が欲しい)
・マッサージチェア(身長を考量してくれるタイプ)
・マッサージ器(首肩専用)
・エアーサロンパス一生分
・空気清浄機(できれば最強タイプ)
・掃除機(吸引力が変わらないやつ)
・室内でできる足を鍛える何か
・Will + AKBが踊れるソフト
・にゃんこ(おんなのこ)
・携帯電話おにゅー(カラゲー)
・よつばとの1~9巻
・シュウウエムラ 限定品のアイシャドウとチーク
・体重計(体脂肪とか色々はかってくれるやつ)
・Nikon v1 + マウントアダプター + スピードライト
・リーフ(車)
・平屋のおうち & 土地 & ねこカフェ店舗


以上です。



プレゼント 待ってまーす☆






テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

14:14  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


考えすぎなのだろうか

2012.02.16 (Thu)


ここ最近、僕の周りの世界は急に動き出した気がする。
その速さについていけず地球すら震えてインフルエンザに掛かっている様子。
冷えピタはどこに張ってあげたらいいのかわからない。

さまざまなことを考えたところで、どんな状況でも主観が入る。
そんなドラマを見た。

たとえ相手を思っての言葉でも主観が入るため、
自分勝手に発言しているようにしか相手には伝わらない。
でも発言者は相手を思って配慮しているのにも拘らず
相手は「お前の手前勝手なことばかり言いやがって」という反応を返してくる。

だが、お互いが「あなたの事を考えて発言しているんだ」という主張は多い。
しかし同時に主観が入るためあくまで聞いているほうにとって、自分に都合いいことばかり言っているとしか受け取られない。

こうなると、どういえば相手に伝わるのか私には分からなかった。

ドラマでは
夫「子育てに対してストレス解消だというから夜中にレストランに行くのを文句言ってない」
妻「子育てを押し付けて、自分だけ友人と遊びに行き酒飲んで帰ってきて隣で寝ている」

ほんの片時も離れられない子育てに大変さを訴えた妻。

しかし夫は母親に相談し助言した「自分の母親は働きながらできたんだぞ」と。

夫は助言を貰い励ましたんだと主張。
ところが、妻の立場からすれば「専業主婦のくせに子育てくらい一人でできないのか」といわれたようなものだ。

夫は「一人で遊びに言って悪かったと思い次の日は会社休んだし、それでいいじゃないか」
妻は「自分だけ遊びに行って子育てを押し付けて」

このドラマを見たとき、夫がそんな人だったら子育てなんて無理だなと思った。
まず最初に自分を満たすのだ。
それから次に時間を見つけて子育ての時間や妻のことを考える。

一番に自分が来てしまう人は家庭などもてるはずが無い。

なによりパートナーや子供のことを考える。
お互い思いやりボールを投げキャッチしてまた投げる。
その繰り返しができなくなる。


自分の権利や自分の立場を一番に守ってしまう人にとって家族とは何なのだろう。


同居人であって家族じゃないと思う。


俺だって○○する権利はある!
私だって○○する権利はある!

そうやって主張しあって、「この前あなたは○したから私がしたっていいでしょ?」
そんな会話を聞いたとき私は酷くショックだった。

利害関係で成り立つ夫婦なんて夫婦じゃないよ。
雇われた家政婦と都合よく子供を生んで育てる女。
給与を稼いできてくれる夫。
お金をやりくりして自分の欲望を満たす為に貯蓄して散財。
その後に残ったら子供の事や相手のことを考える。


それが、家族?

そうじゃないよね。
っていうか、ありえないよね。

「家事を頑張ってくれているから」といって「お金」を渡されたら私は実家に帰るけどね。
金で雇っているとしか思えない。

ここが主観の差だと思う。

いろんな人がそうだけれど、だれに対してもまず自分の権利を主張する人がいる。
それに対して異論は無いものの何故そこまで自分の保守をしたがるのか謎だ。
ゴールに向かう為に自分の権利をまず確保して、それから相手の事を考える。
確保できなければひたすら屁理屈を述べて理論上筋が通っているように見せかけて
相手を言いくるめて何もいえないような状態に追い詰める。
時には怒鳴ってでも相手を黙らせる。

それで何もいえなくなったと勝利したように嬉々として語る自分の権利。

何が嬉しいんだろうと思う。



どんな状況でも 怒鳴る人 物にあたる人 暴言を言う人 横柄な態度を取る人

私は許せない。
見ていても不愉快だし、大嫌いだ。


それをするということは全てを敵に回しても自分が正しいと主張して
それでも勝ち取りたい何かがある場合しかないと思う。

自分ではない何かを守る為に。


ちょっとしたことで物にあたったり
どうでもいいようなことで怒鳴ったり

人としてどうかと思う。
常識があればしないだろう。
そんな風に他人から見られていることに気付いていないのだろうか。
その姿を見せられ側にいる人にまで当り散らして暴言はいてなにがいいんだろう。

自分だけスッキリするためだろうか。


私はコールセンターで働いて本当に嫌いになった。
暴言ばかり聞き続けた毎日。



どうでもいいような、そんなことで怒って目くじら立てたってしょうがないことで
怒鳴り散らして、当り散らして、暴れて 。

その繰り返し。


私はというと怒鳴りたいと思っても飲み込んでいる。
殴りたいと思っても飲み込んでいる。

そんな姿を回りに見せて不快にさせたくないと思うからだ。


それが当たり前だと思っている。
何故それができないのかといつも思う。

世界は変わってしまった。
人も変わってしまった。


だれも、ゆっくりと間をおいて話せる人がいなくなった。



そんなに急いで走ってどうするんだろうか。



テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

11:30  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


真剣に考える人生

2012.02.09 (Thu)



ねこカフェをする。

というものである。


実際、クソまじめに考えたらどの程度の資金が必要でどの程度儲けていけばやれるのか。

ちなみにスタンスとしては「マイナスが出なければいいや」というくらいの片手間程度。
土日休みにしてのんびりとしてもいいし。
突然あけたっていいし。
突然閉めっていいし。

のんびり のんびり まるで猫の如く気分屋。

そんな「地球屋」のような店をしてみたと思う。

それをくそ真面目に考えようとし始める事にした。
何が必要で
何がしたいのか

ねこはもちろん全て「貰ってほしい」を待っている猫たち。
彼らを保護しつつ、育てながらも、猫も家族の一員。
その家族と共にやれる仕事であるならば、のんびりと色んなことを店に並べ売るのもよし。

あぁ、素敵ではないか。

夢は語るだけでは叶わない。
宝くじも買わなければ叶わない。


だがすこし、疲れてしまった心を休ませたいので寝ようと思う。

今日はちょっと病院なんだけどね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

10:42  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


こわい

2012.02.08 (Wed)




ただ それだけが支配する 一日

11:20  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


涙を止める方法

2012.02.06 (Mon)




私にはわかりません。

泣き続けて 泣き続けて 彼果てることがあるのでしょうか。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

11:27  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


我慢

2012.02.03 (Fri)



我慢させて 


我侭いって


文句ばかり



それが 私。


そんなものになっていた。


そんなやつは消えたほうがいいよね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

17:20  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


見つからないもの

2012.02.01 (Wed)


どうも 日下ヒカルです。

ずっと考えていることがあって
ずっと悩んでいることがあって

でもそれを、私は言葉にする術を持たない。


誰にもいえない。


諦める?
受け入れる?


私が我慢すればいいという時もあったけれど

それも もう限界。


わからない。

まったく わからない。


がんじがらめ。


我慢するか 我慢させるか


それしかない。


打破する策など どこにもない


言葉にならない文字が溢れている


ひどく 疲れちゃった。


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

12:27  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。