サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


フォトブックの注意点

2011.12.13 (Tue)

フォトブックってご存知でしょうか?

おはようございます。
日下ヒカルです。

写真をプリントするよりも、写真屋さんでのプリントの方がもちろん綺麗だし長持ちする。
大切な写真ほど思い出が深いものであり大切にしたい。

そんなときに、フォトブックというものを知りました。

なんと、写真を製本してくれるのです。

問題は「お値段」と「質」です。

今日はそのことに関して記載しようと思います。

まず、製本するにあたって写真を何に印刷するのかがポイントになります。
「紙」なのか 「写真専用紙」なのか
それによって見栄えは、月とすっぽんの差があるということを知りました。
あまりにも質が悪すぎます。

印刷方法が写真仕上げと記載がない場合

※印刷と記載がある場合はこのような場合もあるという参考程度でご理解ください。
 全ての会社がこのような質だとは分かりません。
 とある会社のオリジナル商品フォトブックでこんな事になりました。

簡単に言うと、
家にある数年以上前のプリンターで普通紙に印刷したような状態になる。


詳しく言うと、
どんなに写真が良くても(色調・明暗・レベル補正がほぼ完璧でも)ドットが潰れて印刷される。
写真の明暗は極端な表現で(レベル補正完全無視したような)印刷される。
モアレが必ずある。
シャープさはカケラもない。
パッと見てすぐに「粗さ」しか見えない。
全体的にアンダーよりで印刷される。
影があればすべて暗い。


では、証拠を。

それは続きから。。。。。




どこでこのフォトブックを作ったのか名前を晒したいくらいです。
聞きたい方は個別に対応しますね。
叩きたいわけじゃないし。

その後の対応が良かったので文句は一切ありません。
ただ、お値段以下にも程がある。
あまりにも酷いのでこれ以上の被害者を増やしたくないなと思ったんです。


プロカメラマン撮影であり写真自体に問題はありません。


では、証拠です。

サムネイル表示なのでクリックしたらでかく表示されます。
フォトブックの用紙は写真専用紙ではなく雑誌のようなぺらぺらしたつるつるしたような紙質でした。
ページ数多めだったので薄いのはいいのですが、やっすい雑誌みたいな用紙です。


↓出来上がったフォトブックの写真をスキャナーで取り込み↓
syouko-1.jpg

↓家のプリンターで印刷したもの↓(色調補正等何もしていない、撮影したまま)
syouko-2.jpg

まず、すぐに分かるのがフォトブックは異様に暗いですね。
影が強調されされた印刷になっている。
ここからは想像も入りますが、ある程度白く飛ばして撮影している場合印刷したときに
飛んでしまうからと印刷しても全てがくっきり印刷されるようにしようとソフトで自動調整しているだと思います。

自動調整はなるべくはずさないで下さいという注意書きがあるため、はずしませんでした。
でもまさか、はずさなかったらここまで酷い処理をするの?というほど
色調・明暗・レベル補正がぶっ壊されるとは思いませんでした。


↓実際のデータです↓
syouko-2-1.jpg


これほどの差があります。
実際のものをお見せできないもどかしさはありますが、
できうる限りの表現で印刷の質の低さを表してみました。


「写真印画紙」など表現してあるものじゃないかぎり
製本される分にお値段がかかるせいか酷い「画質」のものが出来上がってきます。
どんなに写真が良くても印刷するプリンがーがボロじゃぁダメですよね。
紙もそうですが、細かい描写を必要とする写真に用紙もプリンターも質を落とせば滅茶苦茶です。

というわけで、フォトブックを注文する際はよくよく注意事項を確認し

・どのような方法で印刷されるのか 
・どのような用紙を使用しているのか

その点を確認しないと「安い!」と飛びついては家でプリンター使えばよかったって思うほど
酷い写真が出来上がり、高額な請求が来ますのでよくよくご注意を(><;)


以上、ちょっとお勉強して悲しい目に合ったヒカルちゃんでした。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

12:08  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

拍手する


コメント

てーすと
日下ヒカル |  2011.12.13(火) 13:18 | URL |  【編集】

なんか 色々 
  悲しい目に 会ってますね。
どうしてだろう!
  普通 そんなに 続かないよね。
ピオーネ親父 |  2011.12.13(火) 20:58 | URL |  【編集】

実際のデーター、とても綺麗ですね。

写真はほんとにプロ!

今年もあと僅か、、、夕暮れ時いいですね。

今日も好き日に、、、
ひろ |  2011.12.14(水) 00:20 | URL |  【編集】

おそらく・・・
白トビ、黒ツブレを極力抑えた加工になっているのでは??
両者は一応良くないものとされているので・・
(但し写し手の意図によっては可)
見た限りではデータも出力も
白無垢以外の白の部分に
白トビをおこしています。

自分が感じたことは
フォトブはお金を取るわけで
しかも今は補正技術も進んでいるのだから
白の露出は下げ逆に手の部分は上げて
全体的に柔らかく仕上げても良いのでは?
と思います。
カゼノオ~ |  2011.12.14(水) 03:17 | URL |  【編集】

ピオーネ親父さんへ

ここ最近、写真にはちょっと痛い目見てますね…
なぜでしょうね(つД`)
もう、ないと信じたいです・・・
くっすん。。。
日下ヒカル |  2011.12.14(水) 08:47 | URL |  【編集】

カゼノオ~さんへ

この会社に聞いてみたところ、注文をクリック後データ送信。
データ送信時に自動補正をするにチェックが入っていたらコンピューターが勝手に判断して
写真の状態を自動で補正するというシステムなんだそうです。
なので、写真一枚一枚を判断はするもののソフト任せであって人がするものではなく、
その確認をすることもなく印刷して製本なんだとか。。。
製本し終わった後に確認をし、ちゃんとした基準に達しているものしか出荷しないというので
それだけ「質の悪いものが基準をクリアしている」ということになる。というの見解でした。
「製本しているものの格安で提供しているから…」といわれるので「質にこだわるな」ということなのでしょう。

多分、ですがこのカメラマンはソフトフィルターのようなものをかませています。
写真によってはふわっと明るく飛んでいるような写真があります。
もちろん、結婚式というイベントにあわせてその写真の設定にしているんだと思いますが
まーさか、印刷されたらこんな酷い事になるとは思いませんでした(о.ο)~‥o〇
日下ヒカル |  2011.12.14(水) 08:52 | URL |  【編集】

ひろさんへ

写真はホント綺麗ですよ~(^^;
さっすがプロだね~って思うくらいにとっても綺麗!
そのカメラマンが所属する写真屋さんにアルバムも頼んだけれど
すっごい立派な綺麗な写真ができあがりました~♪
とってもとっても素敵な写真をとってくださったのできちんと残しておきたいんですけどね~
中々うまくいきまっせんΣ(T□T)
今日は曇り
体調不安ですが よき日に…
日下ヒカル |  2011.12.14(水) 08:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/1115-4d15f087

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。