サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


私は親不孝だろうか?

2011.12.14 (Wed)

嫁入りして一年経ちます。

日下ヒカルです。
遠く離れた場所に嫁いで、早々帰れない距離。
飛行機使って跳んでいかないと帰れません。

どこでもドアがあれば開けっ放しにして猫を借りたりしますけどね。
流石にいまだどこでもドアは開発されておらず、ドラえもんにもお会いした事はございません。
至極残念な事ではございますがたとえどこでもドアが開発されたとしても、
利用するには異様ともいえる勇気が必要になるような気がするのでございます。

さて、タイトルのお話をしましょうか。

私は小さな頃から「ひとり」にされた事がございません。
ひとりっこで女の子ということから対面的な過保護と勝手な常識をしつけてくる母ではありましたが、
彼女なりの「心配」というのが結果的に私を一人にすることはありませんでした。

母の仕事は家で作業する事がほぼであり、例え出かけたとしても学校に行っている間に帰ってきています。
もし遅くなるようであればおばあちゃんの家に居ました。
父が亡くなってからもその風習は余計に強く、絶対に一人で留守番をさせることがありませんでした。

おかげである程度大きくなったときにひとりで留守番する事を極端に怖がる子供なりました。
まさに家中の電気をつけっぱなしにしてテレビをつけて震えている。
そんな状態です。
ちょっとでも物音が聞こえたら、殺人事件を目撃したかのごとく悲鳴を上げるほどです。

猫が同居するようになってからというもの、猫が犠牲になりました。
犠牲、とあえて言いますが猫を抱っこして一緒に居てもらいました。
トイレも一緒に連れ込みます。
まぁ、多頭飼いだったのですが連れ込む猫も決まっているんです。
つき合わされている猫はある程度状況を理解しており、私のことをよく面倒見てくださいました。

猫が居るから猫と話して大人しくお留守番もできました。
どうしても母が泊まりで仕事に行くときも、猫のおかげで耐える事ができました。


ひとりにさせられる恐怖 


これは私にとって結婚後、必ず付きまとうものになりました。
そりゃそうです。
だーりんは会社員。
自営業で何かを家でしているわけではありません。
当たり前のことなのにそれに気付く事がありませんでした。

結婚当初、その所為かだいぶ精神的に不安定になりだーりんに多大なる迷惑をかけた。
それはそれはすごかったんだけど家に帰って駆けつけてくれたことは本当に嬉しかった。

段々ひとりで過ごすという方法を身に付けてきた。

ところが「訪問販売」や「宗教勧誘」にどのように対応していいかわからず(インターフォンがない)
とある仕掛けをしてやっと対処する方法を身に付けた。
これはこれで突然なる呼び鈴の音が心臓の酷い動悸を誘うのだ。

そんなこんなでちょっとでも体調が悪いと精神的な部分もかなりの確立で傾く。
異様なほど不安になる。
そうだな、勝手にがけっぷちに居るような想像をし続けて落ちたらどうしようなどと本気で考える。
そういうようなイメージでかわららないと思う。
考えたって仕方ないし、がけっぷちに居るわけでもないし。
それなのに答えを探そうとするからパニックに陥る。

まぁ、脳内のシナプスまでもが風邪をひいていると考えたら良いだろう。


そこまで あるのに。


私は嫁入りしたから 当たり前だけど 母は実家で一人暮らしになった。
当初、酷くは母は結婚に反対した。
多分ひとりになる不安もあっただろうし離れる事を想像してなかったと思う。
私の結婚は驚くほど急な話だったから。
不思議な縁で出合っただーりんとあっという間といえるほど、さっさと結婚した。

母の妹が近くに居て仲が良いからよく普段からうちに来てくれている。
それが、私が結婚してからはもっともっとよくうちに来て「ねーちゃーん!」と
あれこれ気を使ってくれているそうだ。

でも、母はひとり。


私は独りが苦手。
母はどうか知らない。


たった一人にした私は 親不孝をしてるのだろうか。

猫は家の中に 2匹
外には10匹以上。

たまに家の中に数匹入って遊んでいるらしい。

だから にぎやかで 大丈夫だと思うけど・・・

クリスマス
お正月

そんなイベントのときに一人って考えると胸が痛い。

今年もだーりんがいいよって言ってくれたので小さいおせちをおかーちゃんにプレゼントした。
作る手間も大変だしね。
美味しいものを責めて食べて欲しいなと思って。

美味しいと いいな。


私 親不孝なのかなぁ。

酷く気になってしまったよ。

母曰く 気楽にやっていますのでというメールをもらった。
本心なのだろうか?

元々、娘に無関心であったのは事実だが… どうなんだろう?


テーマ : 新妻日記 - ジャンル : 日記

12:49  |  新妻日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


コメント

いつも 一緒に居るのも 親孝行かもしれませんが
親離れして 旦那さんと幸せになるのも 親孝行ですよ。
そのほうが 親としては 嬉しいですよ。 
ピオーネ親父 |  2011.12.14(水) 22:05 | URL |  【編集】

ピオーネ親父さんへ

ありがとう。
子供はやっぱり親の気持ちがよくわからないです(汗)
一体どうしたらいいのか、ぐるぐる気持ちが不安になります…
日下ヒカル |  2011.12.15(木) 11:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/1118-ac08df6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。