サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


ただの主婦病ってのがあるらしい

2012.01.30 (Mon)


タイトルをご覧下さい。

ただの主婦病ってのがあるそうです。

主婦は何によって行動しているか?ということが書かれていました。
専業主婦である人たちは「お金を稼ぐ」ことはありません。
実質「無給」です。


さて、この「ただの主婦病」に感染するのは、もちろん「専業主婦」と呼ばれる人たちです。

彼女達は「家族への愛情だけ」で全てにおいて行動しています。


ところが「お金を稼いでいない = なにもしていない」と家族に思われてしまう。

些細なきっかけで「お前は稼いでもないくせに!俺が食わしてやってるんだ」と家族の誰かに言われたら?


では、何故このような発言に至るのか?


それは「価値 = お金」だからなんだそうです。


確かにそうですね。

お金を稼ぐかどうかという主体で思考があるから主婦は何もしないになっているんでしょうね。



一番速く朝起きて ご飯の用意をし 洗濯をして 布団を干し 掃除をし 家計簿をし その他諸々。


一人暮らしでもできてたんだから俺だってできるようなことだ。
そんな事しかしてないお前は何もしてないのと同じ。

そうなっちゃうんでしょうかね。


ではそうなったとき、なぜ結婚したのだろうと思いませんか?


家政婦がほしかったのか。

家庭ごっこがしたかったのか。

何をしても文句もいわない一方的に愛情を注いでくれる都合のいい存在が欲しかったのか。


家に帰宅後、当たり前のようにご飯を食べ後は妻の仕事。
妻は寝るまで自由な時間をドカンと取れることは殆ど無い。


家族に振り回されている。


それでも動くのは「家族への愛情」があるからだ。


だからといって、妻は母親ではない。

何でも許し受け入れる母親ではない。



一人の女であり 人間だ。
共に道を歩む人であることを忘れている人が多い気がする。
それは、働いている人全員に言えること。

「いいよね、働いてないんだから」

何度か言われたことがあるが私は返す言葉が無かった。

「私だって家の事してます!」

そういったところで

「私もしてるけど?」
ということの水掛け論になるのは見えている。


相手にとって金を稼いでいない存在は穀潰しなのである。

働いている人は「働いているんだから家のことは疲れているんだから何もしなくていい」ということを盾に取り
「おまえは稼いでいないんだから」といって奴隷のように何でも言いつける。
何かをしていても「あれとって」「これ手伝って」。
こっちの状態は関係ない。
だって、奴隷なんだもん。
「ハイハイ」といって動くのが当たり前。


ただの主婦病 


その原因ウィルスってなんなのだろうね?


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

12:48  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/1140-713e8074

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。