サイトマップ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


愛すると言うことは

2009.06.09 (Tue)

子供のままだよヒカルちゃん をUPしました。

愛しているということと、好きである現実。
でもそれが、大きな壁に阻まれて殆ど身動きが出来ない状態になる。
どんなに愛していても
どんなに好きでいても
その思いを伝えることも伝わることもあるかどうかはわからない。
俺がここにいて、君が側にいる。
けれど、どんなに望んでもそれは手に入らない存在。
俺の心は渦巻いて、ただ嵐の中一人佇んでいる。
葛藤という台風が唸りをあげながら停滞中。

台風の目に入ったとき、晴れ渡ったその空を見て俺は手を伸ばした。

もし、拒否されてしまったら
もし、拒まれてしまったら
もし、怖がられたら
もし、泣かれたら
もし、怯えたら

全ての「もし」が俺を不安にさせた。
不安以外、何も無かった。

ただ、俺が君を好きだと言うこと以外。
好きなどと簡単な話じゃない。
愛していると心から言える。

言うことが出来る立場なら。

どれだけの言葉を集めても
どれだけの気持ちを乱しても

君が好きだということを偽ることはできないんだ。

けれど、その中には俺が感じている「もし」が存在して
その「もし」が全てを狂わせて
気持ちとは裏腹に

閉じ込めて
繋いで
縛り付けて

安心している俺が居る。
狂ってしまった歯車を元に戻す方法はあるのだろうか。
君が居る部屋のドアにもたれて、タバコを取り出し火をつける。
大きな溜息と共に白い息を吐く。
風のない部屋に漂う白い煙。
気持ちを表すように重たく、中々消えない。
纏わりつき匂いをしみこませる。

「お願いだ、ほどいてくれ!出してくれ!お願いだ!俺もお前を愛している!わかって・・・くれ」

どれだけ願ったかわからない言葉が、君の口から出てきても
俺は不安で仕方ない。
狂った俺を見た後に君は俺を愛してるといってくれる。

それを、信じる勇気が無い。

怖いんだ。
こんなに狂った俺を愛してくれるやつなんて居ないと。
嘘を
聞きたくない。
どんなに、本当だとしても
裏切りが
怖い。

愛し方が わからないんだ。

君を 愛しているのに。

許してくれ。

「お願いだ!やめてくれ!やめろ!やめろぉおお!!」

絶えられない。
だから、俺が先に死ぬよ。

君をほどく鍵は、ここにおいて置くから。

愛している。
好きになって ごめんなさい・・・。
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

拍手する


コメント

ブログ拍手の方へ

うーん 悩みどころですね。
手を伸ばしたときに
怯えられたら
怯えたら
・・・ですよね?
うーん・・・ 
手を伸ばしたとき怯えられたら
手を伸ばしたとき怯えたら
怯えられたと使うなら、恐れたらの方がいいかな?
参考にします。

日下ヒカル |  2009.06.09(火) 11:05 | URL |  【編集】

ヒカルさんがDOORをアケタトキ


ミイラを二体、発見しなかったかい…
ひろ |  2009.06.09(火) 12:42 | URL |  【編集】

誰かを好きになること

自分に自信がなくなり、とても不安になると想います。
だから昔から恋の病といわれています。
そしてこの恋の病にはつける薬がないのです・・・

そんな気持ちがよく表現されていますね。
ヘルブラウ |  2009.06.09(火) 14:41 | URL |  【編集】

ひろさんへ

キャーΣΣ( ̄◇ ̄;)!

・・・あれ?でも、それってある意味ハッピーエンド?
日下ヒカル |  2009.06.09(火) 15:27 | URL |  【編集】

ヘルブラウさんへ

恋の病か・・・ホントですね(_ _;
この場合は同姓を愛してしまったけど
伝えるのが怖くて閉じ込めちゃったんです。
でも、自責の念で彼は死んでしまいました。
本当は、両思いでもそれを信じられなかったのでした。
たとえ異性だったとしても彼は同じことをしたでしょうね。
日下ヒカル |  2009.06.09(火) 15:31 | URL |  【編集】

愛を伝える、心を通わせる・・・
勇気が必要ですよね。
葛藤、矛盾。
"俺”が死んでしまったあと・・・”君”はどうしたのでしょう?
海のいるか |  2009.06.09(火) 20:33 | URL |  【編集】

こんばんは

再開おめでとうございます。
1日1編というのは本当に大変だと思いますが、
楽しみにしている“読者”がいますので……

コメントありがとうございました。
おっしゃる通りです。
誰にでも暴言とわかるようなものだけが暴言とはかぎらないんです。

言葉は力を持ちますからね。
空飛ぶミケ猫 |  2009.06.09(火) 20:55 | URL |  【編集】

海のいるかさんへ

このお話、実はハッピーエンドなのです♪
鍵を置いてくれたので、速攻で鍵で手錠を外し
”君”は「俺」を助けました。
そのおかげで「俺」は生きることが出来て、二人はやっと信じあえるのです。
という、裏設定があるのでしたv(*'-^*)-☆
日下ヒカル |  2009.06.09(火) 21:42 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

> 楽しみにしている“読者”がいますので……
うわぁ(・・。)ゞ テヘ 嬉しいです。
頑張って続けますね。
テーマはホラーにしてますが(死体がごろごろなので)
本来のテーマは別にありますので♪
主に復讐劇が多いですが(汗)
応援、よろしくお願いしますm(_)m


> 誰にでも暴言とわかるようなものだけが暴言とはかぎらないんです。
> 言葉は力を持ちますからね。
本当に、そうですね。
いろーんな言葉が槍や針に変わって飛んできます。
人それぞれとはいえ
ストレートに言ってくれる人
針を含ませ言ってくる人
同じ事を言ってても受け取る私は傷つかないんですよね。
不思議と、ストレートでも。
それが悪い部分の指摘だったとしても。

・・・気をつけなきゃ。私も!

追伸:
うちに三毛猫がいるんですよ。
みるたんび、「のん」だ~と思います。
プロフィールのにゃんこさん。。。
日下ヒカル |  2009.06.09(火) 21:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/270-d3b8845d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。