サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


結果オーライってこと

2009.06.23 (Tue)

「それで、お話って何かしら?」
目も合わさずに言う女は綺麗に巻かれた髪をいじりながら私に言った。
「話さないとわかりませんか」
私は必死に怒りをこらえてその言葉を発した。
「はぁ~。信じられない。別にそんなに怒鳴り込んでくるようなことなの?」
女は立ち上がりキッチンへ行きコーヒーメーカーから出来上がったばかりのコーヒーを飲んだ。
それから、包丁を手にして果物を切り始めた。
「私の家なのよ。私の土地なの。何をしたって私の物なんだからあなたに文句を言われる筋合いわないわ。この家にどういう理由かしらないけれど、勝手に庭に入り込んできたのよ。あなたの子供が。それだけでも腹が立つというのに、その辺にあったスコップで殴って怪我させたくらいで何いってるの?」
子供は、この女が殴ったため大怪我をしている。
今のところ意識不明の重態。
でも、回復の見込みはないといわれている。
時間の問題なのだ。
「殺してもいいと・・・いうの」
そういうと、女は大笑いしながら言った。

「当たり前じゃない。私の家で私の土地よ。誰を殺そうが何しようが私の勝手でしょう」

悪びれることもなく、女は続ける。
「もっと殴っておけば死んだかもしれないのにね。死んだと思ったから道路に引きずって放り出したのに。生きてるんだもん。さすがにしぶといわね。死んでくれればこの辺りもうるさい子供の声を聞かずにすむのに」

果物を食べながら、更に続ける。

「大体、生きていて価値のあるものとないものといるわけ。あんたの家にいるやつなんて害虫と同じなのよ。だから、殺そうが痛めつけようが誰も関心がないのよ。私に感謝してると思うわ。近所の皆さんも。育っても無駄な子供が死んだって。あぁ、まだ、生きてるんだっけ?無駄ない医療費払って大変ね」

口を真赤にしながらイチゴを食べ続ける。

「頭を潰しておけばよかったわね」

そういって笑った瞬間、私は我慢の限界に達した。

キッチンに駆け寄り女から包丁を奪った。
「ちょっちょっと・・・」
女は後ずさりしながら冗談でしょなどと馬鹿なことを言っている。
馬鹿はどっちなのよ。
「いやぁ!」
玄関に逃げようとした女を追いかけ私は必死に包丁を振り回した。
全ての力を使って。
何もかもこいつさえいなくなればという思いだけで
私は許さないと叫びながら、振り下ろした。
うまく当たらない。
血で滑り包丁を落とした。
突然、女の真後ろにあった玄関が勢いよく開いた。

「大丈夫ですか?!」

その勢いで二人とも倒れた。
「大丈夫よ・・・」
「でも・・・血が・・・」
「この女が気が狂って包丁振り回してたのよ。取り上げたら、あなた達がドアを突然開けるから刺さったじゃない。あなたのせいよ。私は悪くないわ。まったく、どうしてこんなにも頭のおかしい人間が増えたのかしら?」
「でも・・・ あの・・・」
「結果オーライってやつよね。なんにしろ、うるさい人間は消えてくれたんだから」
女は満足そうに私の死体を眺めていた。

「でも、首にフォークが刺さってますよ」
女は慌ててフォークを抜いた。
「あ!抜いちゃ駄目・・」
血しぶきが当たり一面に広がった。
噴水のように。
勢いよく。

「結果オーライは、この女性が言いたい言葉でしょうね」
と、飛び込んできた人間が私に向かっていった。
「何故、死んだふりを?」
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


コメント

こんばんは

居るんですよね、自己中。
代わりに お仕置きしてもらったみたいで
ニッと 口元が笑ったヮ
また 話を聞きに来ます。
みかん |  2009.06.23(火) 19:21 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.06.23(火) 21:05 |  |  【編集】

みかんさんへ

恨みを買うようなことをしたらバチが当たるのです。
と、いうのと
あまりにも恨みを買うような酷い行いし、手段を選ばない状況にまで追い詰めると
お仕置きしますよ~(ー)
というお話でした~
>また 話を聞きに来ます。
ありがとうございますm(_)m お待ちしております♪

日下ヒカル |  2009.06.23(火) 21:08 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.06.23(火) 21:10 |  |  【編集】

↑の方へ

もし、私が親になる日が来て大変でも笑っていられたらいいですね。
笑顔って赤ちゃんと接してわかったのですが大切なんですね。
笑ってると赤ちゃんは安心してにへっ♪って笑うけど、真顔だとん?とじーっと警戒している。
泣くことばかりが多い私ですが、笑えるようになると良いな♪
日下ヒカル |  2009.06.23(火) 21:24 | URL |  【編集】

↑の方へ

死んだフリという結末は私なりの主人公への気持ちでした。
恨みつらみを重ねてたまらず乗り込んだ先の住人。
その暴言に耐えかねての行動。
公に許しちゃいけないんだろうけれど、私は許していいとおもうのです。
それほどまでに恨みを募らせ辛い思いをしている。
それをさせた人物にうりゃっ!って。
自分の思い通りにならないからといって平気で命さえも奪おうとする人。
その人が最後まで生き残っているなんて嫌ですものね(ー)

あ、お返事はそちらのブログにて書いております。
日下ヒカル |  2009.06.23(火) 21:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/281-de5225a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。