サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


先に待つ恐怖

2009.06.30 (Tue)

カタカタと窓が揺れる音で目が覚める。
金髪の少女は目を覚まし、入り込んでくるか風に気がつく。
上半身を起こし窓を見るとレースカーテンが風になびいていた。
閉めたはずなのにと不思議に思いながら、ベッドから降り窓を閉めた。
そして、鍵も閉めた。
カタン
部屋の外から物音がする。
時計を見ると、夜中の三時。
誰かおきているのだろうか?
少女はそっと部屋のドアを開けた。
すると、一番奥にある洗面所の電気が付いていた。
誰だろうと少女は洗面所に向かった。
少し開いたドアからもれる光。
ドアを開けたが、誰もいなかった。
電気をつけっぱなしにして・・・と思いながら、奥にあるトイレに入った。
出てきた少女は洗面所で手を洗った。
タオルが無いことに気が付き洗面台の鏡が扉になっている。
その奥にあるタオルを取り出した。
鏡の扉を閉めたとき、少女の後ろには赤毛の女の子が立っていた。
「!!」
悲鳴も出ぬ恐怖に、振り返ると誰もいない。
心臓の音が耳を突き抜けるほど大きな音を立てている。
落ち着くまできょろきょろと辺りを見回した。
やはり、誰もいない。
大きな溜息をつき、ゆっくりと前を向いた。
そこには、鏡ではなく赤毛の少女が立っていた。
少女は全てが凍りついたように体がどこも動かなかった。
赤毛の少女がゆっくりと手を上げ、金髪の少女の頭を撫でた。
それから赤毛の少女は顔を耳元に近づけ囁いた。

「あなたも殺されたの?」
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


コメント

金髪の少女は

目が覚めたときにはもう殺されていたんでしょうか。
それとも侵入者がトイレのどこかに隠れていて、赤毛の女の子が鏡から出てくるわずかな間に殺されたのでしょうか。
そしてこのトイレの構造からみて、現場は病院とか寄宿舎とかいう感じのところかなと思います。
赤毛の少女も昔、そこで殺されたのでしょうか……。
何だかいわくありげな建物です。
ライム |  2009.06.30(火) 12:13 | URL |  【編集】

ライムさんへ

うわっ・・・こわっ・・・Σ(|||▽||| )
と、思ったコメントでした(^^;
病院とか!病院とか!いやぁー!Σ(|||▽||| )
お互いが幽霊さんだったというオチなんですが
死んでいることを赤毛の女の子は気づいておりませんでした。
日下ヒカル |  2009.06.30(火) 13:09 | URL |  【編集】

殺されたことに気がつかなかったのね。
即死なら・・・ありえるかも。
海のいるか |  2009.06.30(火) 15:10 | URL |  【編集】

海のいるかさんへ

わぁ(^^;;
段々、皆様のコメントのほうがめっちゃ怖いんですが(^^;;;;
ヒカルワールドの感染?!
即死だと気づかないでしょうねぇ・・・
あ、でも、ギロチンで殺されたお医者さんだったかな?
首を切ったら人間はどの程度意識があるのか見ておいてくれといって助手に頼んだそうなんですよ。
切られた瞬間から瞬きをするからと。
で、なんと!13回瞬きできたとか。
つまり、脳に酸素がある間は意識があるというわけです!
んーってことは、脳が電源OFFしたら気づかないですね!
化けでちゃうわ。私なら必ず布団で寝てそう。
日下ヒカル |  2009.06.30(火) 17:16 | URL |  【編集】

こんばんは

シックスセンスを思い出しました。
初めて見た時、最後の最後までわからなくて、
ラストシーンで“なるほど~”っと。
そしたら、冒頭のシーンから全てがつながって……
私にとっては衝撃的な映画でした。

ここに登場する金髪の少女も自分が死んでいることに気付いていないんですね。
赤毛の少女から耳元で教えられてもきっと信じないでしょうね……恐怖が先に来ているから……。

ところで、死んだ人=幽霊?
幽霊も幽霊を怖がるのかなぁ?
幽霊にも怖いところとかあるのかなぁ?

怖いという感情があるなら、幽霊さんはひとりで廃屋や墓場で待っていられないですね。
ってことは幽霊には怖いという感情はない。
まっ、自分が幽霊(死んだ人)だと理解した瞬間に幽霊になるんでしょうかね。

書いていて自分でもわからなくなってきました(笑)
空飛ぶミケ猫 |  2009.06.30(火) 23:03 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

おー!シックスセンス!
あれは・・・最後の秘密は驚きましたねぇ!
私が幽霊になったら、多分、いや絶対。
幽霊が出てきたら
ぎゃぁああああああああああああああああああああああああああああああ!
と、Gが出たときと同じように叫ぶでしょうね。
怖い怖い・・・。
例え血みどろな幽霊が自分で、相手が普通に綺麗な死装束を着た幽霊さんでも
泣きながら幽霊だ!!いやぁ!って言うかも・・・
日下ヒカル |  2009.06.30(火) 23:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/306-aa49ad4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。