サイトマップ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


私は誰?ここはどこ?

2009.07.08 (Wed)

「えっと、誰?」
「さぁ、君こそ誰」
「・・・誰だっけ」

ロマンチックな幕開けとはならず、朝日の眩しい異様に煌びやかなホテルの一室で
見知らぬ男が隣で寝ているから、驚いたけど
その男が起きたかと思ったら、自分が誰かもわからないことにも気づいた。
お互い素っ裸で、回りの状況からするとどうやら一夜は共にしたらしい。
が、一体、ここはどこで、お前は誰で、私は誰なんだ?
「服、着たら?」
男は恥じらいも無く私のブラジャーとショーツを床に散らばっている服の中から探し出し手渡した。
「上着も取って」
「どれが上着?」
「奥の白いの」
「あぁ、これ」
「俺のパンツはどこだ?」
「足元のテーブルの下に見えるよ」
「あぁ、これか」
男はトランクス一枚になり、私はブラとショーツに白いカーディガンを羽織っているだけ。
「ねぇ、君誰?」
「さぁ、あんたは?」
「さぁ?」
「状況から察するに、私達は一晩一緒に居たようね」
「居ただけじゃないだろう」
「具体的に言わなくていいわ。わかってるから」
「覚えてるの?!」
「覚えてないわよ」
「なんだ、つまんねーの」
煌びやかな部屋には、私達が寝ていた大きなベッドと、大きなソファー。
奥の部屋には大きなテレビとソファーと机があり、壁際には本棚とパソコンがある。
パソコンの電源はついたままで、インターネットのホームページが表示されていた。
「何かネットで見てたみたいね」
「何?」
男は私の後ろに立ち覗きこむように画面を見ている。
ペッたりと背中に体を密着させて。
特に嫌だとは思わない。
「地図みたいね」
「どこの?」
「さぁ、どこかしら。けど、このマークは何?」
「クリックできないの?」
「あ、出来た」
「俺の家・・?」
「そう書いてあるわね。あなたの家なの?」
「さぁ、知らない」
「でも、この家のマーク。君の胸のタトゥーと同じじゃん」
「タトゥー?」
「胸の模様」
いわれて初めて気がづいた。変な模様が私の体にはある。
紫色した家紋のような模様。
でも、何故?
何故この男の家というアイコン上に私の胸のマークがあるの?
「腹減ったし、行ってみようか?この場所に」
「どうやっていくのよ」
「どうにかなるよ。ほら、プリントアウトできた」
「お金も無いのにこの部屋からどうやって出るの?チェックアウトするなら料金がいるんじゃない?」
「ここ一階だし、窓から出よう」
「靴が無いわ」
「足があれば、歩けるだろう」
そうして、窓に足をかけ外に飛び出した男。
その男の手を取って私も外に出た。

「カットOK!チェックしまーす!チェックOKです。お疲れ様でしたー!」
「はい!お疲れ様でしたー!」
「セクシーなシーンが撮れてよかったよ!最高だ!」
「監督、俺は?」
「君はいつもこういう役慣れているねぇ」
「まぁね。お疲れ様でした。あ、そうだ。さっき撮影始まる前にメールが来てみんなで食事しようってあったけど見た?あ、まだ見てない?今日の予定はなんかある?なかったら今から行こうよ」
「ねぇ・・・」
「ん?」
「君、誰なの?」
「は?」
「私にしか見えてないよ。君は幽霊だから。君、誰?どうして死んだの?ねぇ、ここどこ?」
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

拍手する


コメント

ヒカルさん!

今日はどんな展開になるのかな?って楽しみながら読み進めていきました。

あらら、撮影のワンシーンだったんですね。
う~ん、まったく予想外の展開。

でも、幽霊?
ん~、何だかこんがらがってきたぞ!
空飛ぶミケ猫 |  2009.07.08(水) 21:47 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

はしょりすぎたかな(汗)

んと、実は女優さんしかいないシーンだったんです。
でもって、女優さんは本気で記憶をなくしててわけわかってなくて
目の前にいる幽霊の男の子が言うことに単に返事をしていただけ。
でも、それが台詞とまったく同じだったんです。

ってな、パラレルワールド!
日下ヒカル |  2009.07.08(水) 23:15 | URL |  【編集】

んーと……

「1行アキ」の前までのシーンを撮影してる現場にいて、自分が演技に参加しているつもりになっていた、男の俳優のユウレイ……かな?
教えてくださ~~い!!!m(__)m
ライム |  2009.07.08(水) 23:36 | URL |  【編集】

コメントを読んで、もう一度読み直してみました。
あっそうかぁ!
こんな状況、撮影で本当にあったりして・・・・・・怖。
えめる |  2009.07.09(木) 01:45 | URL |  【編集】

ライムさんへ

そうそう!そうです~!
死んだことに気づいていない、本来出演していたはずの男性俳優さんなのです~!(汗)
日下ヒカル |  2009.07.09(木) 08:44 | URL |  【編集】

えめるさんへ

ちょっと(汗)状況をはしょりすぎてしまいましたね・・・(^^;;
失敗・失敗・・・

撮影スタッフは誰も気づいていないですが、フィルムには・・・
なーんて(怖)
日下ヒカル |  2009.07.09(木) 08:46 | URL |  【編集】

そうきましたか~。
ナイスオチ!

でも、私もコメントを眺めてからなるほど、と思った1人です(笑)
ひー恥ずかしい><

お風呂で頭洗ってる時に感じる気配、
まさにこういう状態なのでは…!?
D-3 |  2009.07.09(木) 20:00 | URL |  【編集】

D-3さんへ

ちょっと・・・脳内作成ではしょりすぎました(^^;
反省・反省(滝汗)

えぇ?!お風呂で頭洗ってるときのあれですか?!
えーん!!
怖くて一人でお風呂が嫌だよぉ(T-T)
すっげーこわがりなんですよ・・・私・・・(笑)
日下ヒカル |  2009.07.09(木) 21:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/313-f4eca4b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。