サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


神隠しにあったのか【追記】

2009.07.06 (Mon)

外猫一家のニューフェイス 七匹の子猫が

朝起きたら

誰もいなくなっていた

三ヶ月なるかならないかの 小さな子猫

親猫だけがいて

子猫一匹もいない

姿かたちなく

探し回るが 誰もいない

親猫達も 探している

どこに行ったのか 彼女達も わからないらしい

涙を流しそうな顔をして

私を見る

罠に引っかかったのか

夜中に全員ひっ捕まえて殺したのか

毒盛って殺したのか

ちょろちょろ出て回るようになったから心配していたけれど

まさかいっぺんにいなくなるなんて

我が家の周りは 悪魔しかいない

殺せ殺せと 叫んでいる

死ね死ねと 望んでいる

何をするか手段は選ばない

子猫たちは それに 捕まったのか

それとも

神隠しにでもあったのか

子供達を 返して・・・

何故

何故 生きてはいけないの

何故 殺そうとするの

何故 いじめるの

何故 追い掛け回して殴るの

生きる価値は 人間が決めるものですか

人間以外が 生きてはいけない世界ですか

人間以外は 命に価値はないんですか

どうして そんなこと 考えられるの

どうして そんなこと できるの

何をしたって いうの

まだ お乳を吸って 甘える赤ちゃん

小さな 小さな 赤ちゃん

生まれてきて くれたのよ

返して

私の子供を 返して・・・

それとも 悪魔の存在が恐ろしくなって

出て行ったの?

あれだけ 追い掛け回されて

あれだけ いじめられて

あれだけ 人間を信用できなくなれば

私も 嫌いになった?

私も 同じ悪魔に見えたの?

だから

ここを出たの?

もし そうだったら

幸せを 願うわ

ごはんは いつでも あげるから

戻って おいで

待ってるから
昨日AM11時頃、親猫の片方がどこからか子猫を必死に呼んで連れて帰ってきた。

途中犬がいるおうちがあり、そこのわんこがわんわんというので

不思議に思い外を見たら 一匹いた。

親猫は必死に呼んで 鳴いて こっちよ こっちよ と 鳴いた

独特な子猫を呼ぶ泣き声

子猫の「ママ!ここだよ!」という泣き声

帰ってきた子供の数は五匹だった。

子猫自身が鳴いて 自分がここにいるというシグナルを出さない限り

親猫は一匹だけいれば 安心してしまう傾向がある

つまり その時点で 助からない

何匹生んだのかなんて どうやらわかっていないらしい

わかっていたとしても

鳴いてもついてこないなら と

探すことをしない

ほぼ 野良猫だから シビアなんだと思う

帰ってきた子猫たちに 沢山ご飯をあげると よほど怖かったのか

死んだようにぐったりと寝ていた

あまえて でないお乳に吸い付いたまま寝ていた

親猫も 一晩中探したようで 疲れ果てていた

夜中からいなかったようだ

興味本位で みんなで出かけたのだろう

ところが疲れ果て 寝てしまった

朝になり 帰り道がわからず 迷ったのだろう



帰ってこなかった後の二匹が帰ってきた

この二匹は よく家出をする怖がりなので どちらかというと外に出つけている

今日の朝は

みんな いた

いつものように 庭を駆け回り ころころ転がって みんなで取っ組み合い

ご飯をたらふく食べたら

また 大騒ぎ

ぱたっと 止む騒音

見ると みな だんごになって 寝ている

さすがに 冒険は懲りたようだ

どうやら 子猫たちも わかってくれていることがひとつあることがわかった

悪魔の家は 悪魔の家だと認識し 隠れてそっと歩いていた

危険をちゃんと察知しているようだ

今はもう 夢の中 ちょっとくらいなれてくれてもいいと思うが

ちっとも 触らせてもくれないし 近づけもしない

無理やり掴んで 抱っこして 最高の笑顔を見せても

もらえるのは 引っかき傷の勲章だ

手は傷だらけ

それでも かわいいと 思ってしまう私は あほかもしれん

おかえりなさい みんな
07:07  |  涙の意味  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


コメント

こんにちは

子猫ちゃん…
悲しいお話ですね。
周りにいる悪魔を嫌いになってどこかに行ったならいいのですが…

でも、親猫も探しているんですよね。
やっぱり悪魔の仕業でしょうか。

猫ちゃんの命の長さを決める権利は悪魔にもないはずなんですけどね。
無事見つかることを願っています。

ひとつだけ、
あなたのことも同じような悪魔に見える?
それは絶対にないと思います。
動物は自分を大事にする人をちゃんと見分けますから。
たとえ、距離をおいて生きていても…。
空飛ぶミケ猫 |  2009.07.05(日) 14:17 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

どこからか、親猫が五匹だけ連れてきました。

随分、遠くに遊びに行ったものの帰り道がわからず朝になり

人通りが増え縮こまっていたようです。

疲れ果てて、気絶したように寝ています。

悪魔の家を通り過ぎもっと奥へと探検したようです。

興味が出てくる年頃とはいえ、お灸をすえたいものですが

あまりにぐったりしているので沢山ご飯をあげました。

>動物は自分を大事にする人をちゃんと見分けますから。
>たとえ、距離をおいて生きていても…。

ありがとう・・・
日下ヒカル |  2009.07.05(日) 17:29 | URL |  【編集】

昼間

この記事を読みましたが、何と言っていいか分かりませんでした。
悲惨なことが起きたのではないかという気がして。
5匹だけでも戻ってきたのはよかったです。
残りの子たちも見つかるといいですね……。
ライム |  2009.07.05(日) 18:39 | URL |  【編集】

ライムさんへ

心配かけて ごめんなさい

残りの二匹は怖がりでよく何日か家出していたので

多分、またひょっこり戻ってくると思います。

何があったのかよくわからないけど

猫達の様子はちょっと変です。

怖がって怯えてて

みんな親猫に甘えて 親猫も安心したようで

みんなぐったりと寝ていました。

危ないから外に出ちゃ駄目といっても伝わらないもどかしさ

何があったのかわかってやれないもどかしさ

早くお金を沢山稼いで ねこたちが自由に暮らせるでっかい庭と家を建てたいです。
日下ヒカル |  2009.07.05(日) 20:29 | URL |  【編集】

良かった~♪

良かったね、ヒカルちゃん!!
ほんと、良かった。

親猫さえも探すようすに最悪の事態が頭をかすめていました。
結局みんな帰ってきたんですね。
ほんと、良かった!

気絶したように寝ている……
親猫やヒカルちゃんも大変だったと思いますが、
チビ猫ちゃんたちも大変な思いをしたんですね。

それにしても、抱っこくらいいいのにね(笑)
空飛ぶミケ猫 |  2009.07.06(月) 21:45 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫 さんへ

本当にご心配おかけしました。

さすがに懲りたのか 今日の朝は皆ちゃんといました。
それも出て行こうとしません。
よっぽど怖い目にあったようです。
親猫も子猫を抱いて寝ています。

あんまりぞろぞろいるから一匹足りないだけだと気づきにくいので(汗)
(模様がそっくりなんですよ・・・)

今日は、安心して子猫たちを窓から見てました。
なんとか、抱っこはできるけど・・・(無理やり捕まえて)・・・
猫パンチつきかな(^^;;; 私、手が傷だらけ・・・
子猫とはいえ爪いたっ!!
日下ヒカル |  2009.07.06(月) 22:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/324-d9ea74ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。