サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


残されたものたちへ

2009.07.25 (Sat)

残されたのは、血の繋がらない妹。
殺された義父の死体だった。
義母は既に出て行って男の家から帰ってこない。

義母は出て行った父の連れ子である私を五月蝿がっていた。
父は私を捨てるためにこの女のところへ連れてくるようになった。
女の性格を知っていたから。
女は私に極上の優しさを与え、父の前でいい義母を演じていた。
必死に演じた甲斐あって結婚したが、すぐに父は他の女をつくり出て行った。
帰ってこなくなった頃離婚が成立。
条件で、子供を引き取れば養育費を出すという名目に惹かれた女は
喜んで金づるの私を引き入れた。
養育費を払う月日はあっという間に過ぎ、その大半は義母の遊び代に消えた。
その間に母は六回結婚し五回離婚した。
「お前は女だから相手しな」といった義母の顔を忘れない。
五回の結婚のうち、誰一人私に触らなかったやつはいなかった。
義母から言われる前から既にやつらのおもちゃだった。
気がつけば妊娠していた。
「勝手に産め」そういわれた。
生まれてきた子供は、どこの誰の子かわからぬ「物」にしか見えなかった。
どういうわけか、義母は自分の子として戸籍に登録した。
何も知らぬ妹は幼いうちから稼いでいた。
そんな状況を知った私の父は学校から私を連れていった。

助けてくれる

その思いで埋め尽くされた心はもろくも崩れ去った。
「今から、ここに来るおじさんたちの言われたとおりにしないさい。お金あげるから」
その顔は義母と同じ顔だった。

六回目の結婚をした義母がある日突然事故で死んだ。
あやしい点は沢山あるが、残ったのは借金だった。
ぼろアパートに引っ越したものの怒鳴り声が続く借金取りと
殴られる毎日と今日は勘弁してやるという一通りの出来事が妹の前で行われる。
それを見ていた妹は「お姉ちゃんをいじめないで」と泣き叫ぶ。
見るたびに思う。
あんたもその仲間なのにと。

義母が死に義父と私、妹だけになった。
すると義父は「お前が年を誤魔化して風俗で働けば今までの経験からすぐにトップになれる」といった。
同時に大人はこんなものしかいないと思ったから、思いっきり転がった酒瓶で殴り続けた。
いつも私にしているように殴り続けた。
割れても、割れた先で殴り続け
最後には、妹も一緒に殴った。

全てが終わったとき 疲れ寝た。

次の日、私の相手をしようとたずねてきた男が腰を抜かし警察へ通報。
全てが終りを告げるひだと思ったが、どうでもよかった。
あぁやっとこの家から出られる。
それが、13の時。

今は一戸建ての家と庭付きの大きな家で過ごしている。
全て彼らのお陰だと感謝している。
残されたのはお互いが画策し保険金をかけていたが受取人が
全員死亡という状態になり、相続人は私になった。
妹はあの事件を境に記憶をなくし私のことさえ覚えていない。

お金がすべてだと心から思っていた。
彼らが残してくれたお金に感謝しよう。
たかが紙切れ一枚だが、それが沢山あれば何でも出来る。
愛なんてものは存在しない。
一円にもならない。
腹も膨らまない。

義母も義父も許してあげよう。
むしろ感謝したいくらいだ。

あぁ、命を懸けてくれてありがとう。
お金が沢山手に入った。
働く必要は一生無い。幸せな人生が送れる。

これが、愛なんだね。
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

拍手する


コメント

初めまして。
+虹色地図+の管理人、空野です。
こちらへの訪問、ありがとうございました♪

短編小説の多さにびっくりしました+。
すごいですねぇ(´`*)
240も書けるほどの頭の柔らかさを分けて欲しいです^^*


ではでは、応援して帰りますねw
空野海 |  2009.07.25(土) 15:17 | URL |  【編集】

空野海さんへ

いらっしゃいませ(^-^)空野海さん

短編小説を一日一遍書くぞ!なんて目標をたてちゃったもので(汗)
時折自分で首絞めたななどと感じつつも、日常のちょっとした出来事を事件に転化させてます(^^;

応援ありがとうございますっ!!m(_)m
日下ヒカル |  2009.07.25(土) 16:00 | URL |  【編集】

お金で買える幸せ。

私も 時々 思いますよ、
たいがいの幸せは お金で買えると。
いや そうじゃない、
お金で買えない大切な愛があるんだと 
自分に言い聞かせてますけど
やはり お金が一杯あった方がいい v-389 
なんか 寂しい。 
みかん  |  2009.07.25(土) 16:27 | URL |  【編集】

みかんさんへ

思っちゃいますよね・・・(ー)
私もたんとお金が欲しいなと・・・。
そうしたら、猫たちにもっと環境的にもいい物を与えることが出来るし。とか?
夢は膨らむ一方
それを実現した後、与えられるのがお金以外だというのはわかるんだけど
元手がないとねぇ・・・
ちょっと 寂しいですが 宝くじが当たったらと 思うけど
買いもしないのに 当たらないですよね・・・
日下ヒカル |  2009.07.25(土) 16:50 | URL |  【編集】

長編の構想?
かわいそうな女の子だと胸が痛みました
ライム |  2009.07.26(日) 05:00 | URL |  【編集】

おはようございます

「お金じゃないよ、人生にはもっと大切なものがあるんだよ」
……よく聞きます。
……心のどこかでそうだろうなぁと思います。

でも、今日食べるものもない人がそう言っても何だか虚しい。
余裕のあるお金を持ちながら、日々の暮らしはシンプルで(ケチではなく)、そういう人が言ったらなんだか素敵に思えるだろうなぁ。

やっぱりある程度のお金があることは大切なことですよね。
この短編を読んで、こんなふうに一生のバランスがどこかでとれるといいな、と思いました。
空飛ぶミケ猫 |  2009.07.26(日) 08:40 | URL |  【編集】

ライムさんへ

こっこれを長編にしたらダークですねぇ(^^;;;
女の子をかなり酷い目にあわせましたが
最終的に得たお金で不自由なく暮らせています。
こうなると、よく言われるのが「お金なんて無くても幸せはいっぱいあるの」とか
そういう言葉をどう処理するか・・・
という、ちょっともーんとした気分を残す作品でした~

実際、お金は沢山欲しいけどね(^^;;;
沢山得た時にどうするかというのも問題かな?


日下ヒカル |  2009.07.26(日) 09:15 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

あーそっか。
ちょっと思ったです。

例えばだけど、学校とかで生徒から質問されたらすっごく答えにくい内容ですよね・・・
両親共働きで寂しい そんなに稼ぐのが大切? お金が無いとだめ?とかいわれたら
うーーん!!!!(ーー;;;;と、唸りそう 私なら
逆に
働いてばっかの親見てたらお金が一番って思う お金が無いと幸せなんてないよね!
とか笑顔で言われても 
うーーん!!!!(ーー;;;;と、唸りそう

これっていう一番の答えが出ない問題ですねぇ
日下ヒカル |  2009.07.26(日) 09:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/327-1dd18f1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。