サイトマップ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


見覚えの無い招待状

2009.08.26 (Wed)

カードキーで開けたポストの中に招待状が入っていた。
役員の誰かだろうと思ったが宛先を見て驚いた。
「は?私?」
ただのしがない派遣社員でしかない私に招待状なんてくるはずが無いのだが。
「どうしたの?」
「いや、私宛の郵便が届いた」
「取引先の人?」
「いや・・・誰からだろう?」
封書を見る限り、結婚式や披露宴の招待状だが会社関係の人物から貰うことなどない。
まだここに来て一ヶ月だ。
更に、差出人の人物に身に覚えが無い名前だった。
「名前かいてあるじゃん」
「誰かわからない。もしかして、この会社で同姓同名の人とかいる?」
「いやぁ・・・いないけど」
「じゃぁやっぱり、私宛?」
「開けてみれば」
同僚からの言葉もあるが開けるのは躊躇した。
何故なら確実に私宛ではないと思うからだ。
私の名前が書いてあってもだ。
何かの間違いとしか思えない。
「総務課に聞いてみようか?この人の名前」
「あ!ホント?助かるー!」
「じゃ、それ貸して」
「うん」
同僚に封筒を渡して、私は通常業務に戻った。
仕事が終わる頃すっかり忘れていたあの封書が帰ってきた。
「あのさ・・・中身、総務課の人が開けちゃったんだけど」
「まぁ、会社に来るくらいだからあけても問題ないんじゃない?」
「それはそうなんだけど・・・」
「なに?」
「ここに来る前にキミカって人と付き合ってたの?」
「キミカ?誰それ・・・?」
「え?知らないの?」
「知らないよ」
「でも、この招待状。あなたとキミカって人連盟で作られてるよ」
「はぁ?!」
急いでその封筒を手に取り中身を見た。
「ねぇ、その写真のキミカさんって死んだ人?」
封筒の厚みに気づきさかさまにして全部を出すと中から小指が出てきた。
「きゃぁ!」
招待状の冒頭にはこの文章から始まっていた。
約束した指を送ります。
「キミカってさ、もしかして紀美香、あなたのこと・・・?だから、手に包帯巻いてるの?なんで・・?」
同僚は青い顔をして私を見ていた。
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

拍手する


コメント

んーと

主人公は女性かと思ったら男性
前の会社でキミカさんと付き合って結婚の約束をしたが捨てて、会社も移った
キミカさんは自殺して、主人公の新しい会社に自分と主人公の結婚式の招待状を送ってきた
同僚の紀美香さんはキミカさんのユーレイ……
きゃあ!!

違ってたらごめんなさい(焦
ライム |  2009.08.26(水) 11:11 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.26(水) 13:05 |  |  【編集】

お返事

ライムさん 鍵コメさんへ

ごめんなさい(汗)m(_)m
なんだかわからない物語でしたね。
改定稿書きましたので
よろしければご覧くださいませ。
日下ヒカル |  2009.08.26(水) 14:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/371-0999f4ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。