サイトマップ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


言葉を意味を考えて

2009.10.08 (Thu)

とまとさんのブログを見て言葉の意味を考えました。
少し前に、私は言葉に対する記事で「差別用語」を取り上げたのですが
今回はもっと身近にある言葉で、何気なく使うもの。
それは「質問」という言葉でした。

長くなるので続きに書きますね。



では、「質問」という意味についてです。

とまとさんが記事にですが、パソコンの知識に対する記事を書かれることがあります。
それは技術的に言えば超初心者の部類だと考えて私は見ています。
つまり、常識的なこと。
その機能を使っている場合、知ってなければ使うのは難しいのでは?という雰囲気を
感じさせるものだと考えています。
その記事に対して質問はご遠慮くださいという趣旨の文言があったと思います。

技術を詳しく知ろうと思えば、それはどんどん疑問が増えて膨らみ説明が一言では
できなくなってしまうのがパソコンです。
これは、パソコンを使用してパソコンの質問しようとしていたら気づくと思いますが(汗)

さて、そんな中、質問についてという記事がUPされました。

何かを教えて欲しいとき、「質問してもいいですか?」ではなく「教えてください」ではないか?
という問いかけがありました。
質問するということは、質問者に対し何かの疑いごとをかけている時に使う言葉として
認識されていらっしゃいましたので、何故だろうと考えたところ
そうではなくて、「質問してもいいですか?」という言葉を使うタイミングについてだと理解しました。
記事を読み、全体的に見て判断した私の感想です。

さて、そんな私は仕事で、「質問してもいいですか?」とよく使います
全文を言うならば、「今説明を受けたことで理解できないところがあった部分を教えてください」
という意味を短縮した意味として使用しています。

つまり、「質問していいですか?」の同義語として「教えてください」だと考えておりました。

ただ使う”タイミング”で相手への「質問」に込めた意味が変わりますよね?

人数が多い会議
「・・・以上で、説明終わります」
手を上げる。
質問してもよろしいでしょうか?

人数が少ない会議
「今の説明でわかった?」
「すみません。確認ですが、この部分は・・・」
「あ、じゃぁ○さんにその部分はメールで聞いておいて」
「はい」
メール文章
○×会議にて○部長からの説明に関して教えていただきたいことがありメール致しました。

何かわからないことが発生したとき

上司や目上の人など
「お忙しいところ申し訳ありません。教えていただきたいところがあるのですが」

と、言う場合もあれば。

「すみません。質問があるのですが・・・」
用件の目的を「疑問があるので教えて欲しい」を「質問」と略している。

ただ、仕事で質問がある度に上司を呼び止めては大変です。
なので私のやり方としてよく提案するのがQA表を作って、質問をまとめ上司に提出。
時間のある時に見てもらって回答をもらう。
というのをよくします。
会議中に解らないことがある場合は、メモを取りわからない部分を「質問はありませんか?」など
聞かれたら手を上げるし、聞かれなければ最後に手を上げて「質問があるのですが」と
司会者もしくは、発表者に言う。

紹介記事にあるように  と  をわけて考えた場合
質を問うとして「質に対して問題があるのでは?」という
疑いの眼差しが強く感じられました。

名詞を分けて考えようと思わなかったので、今までこのように「質問」という言葉は
そこまで深く考えずに使用しておりました。

メールだと中身の用件がわかりやすいように
タイトル→「○×の質問です」
中身→「○×の・・・について、教えていただきたいのですが・・・」となる。
結構、一体化して使っています。

中々、とても難しい言葉にぶち当たった気がします。
何が正解かというのはその時々の言葉の使用した時と場合によって変動します。
つまり、正解というのは無いと考えます。

質問はご遠慮くださいませと書いてあるページに対して、質問しても返事が来るわけ無いですよね。
返事が来たらとても親切と思います。
通常の会社ならばスルーされて、返事は来ないと思います。
返答が来たとしても定型文の「質問に対する回答は行っておりません」という趣旨でしょうね。

何で記事にしたかというと。

質問を 質 と 問 とで分けて考えた場合が ある という視点に驚いたのです。

私にとって、これはとてつもない衝撃と驚きが混ざったびっくりでした。
日本語が難しいといわれますが、漢字一文字に対して意味があるからというのもあると思います。
その意味で使っていなかったとしても、その感じに含まれる意味合いを考えると不愉快だ!
という形なりえるということ。
わかっていたつもりですが、こんな身近な「質問」という言葉にぶちのめされるとは
思っても見ませんでした。

まとめ

なんにしても、誠意があれば多少言葉遣いが間違っていようといいと
いわれる時もあるけれど、だからって礼儀を忘れたら大変 と 
改めて感じたのでした。
もちろん、それは質問という言葉のみならずですが。

言葉って難しいー!

最後に
とまとさん、難しい内容のこの記事の掲載に関して承諾してくださりありがとうございます。

*****ご覧頂いた皆様へお願いです。**********
記事の文章や画像の転載はご遠慮願います。
紹介記事に関するご意見等あると思いますが
討論をするブログではありませんので
とまとさんのブログへ記事の趣旨とは違うコメントは
ご遠慮くださいますようよろしくお願い申し上げます。

*****************************************
06:06  |  ○△ヒカルちゃん  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

拍手する


コメント

ありがとうございます。

とまとの記事について、思うところを書いて下さり、ありがとうございます。
m(__)m

いつも、何気なく使っている言葉について、その意味をもう一度考えてみるって、大切なことではないかと、思っております。
そうして、言葉は、どんどん磨かれて行くのではないかと…。
言葉を綴る者として、これからも、自分の常識を疑いながら、言葉について考え続けていきたいと思います。
この度は本当に、ありがとうございます。
遅くなりましたが、こちらの記事に、トラックバックをさせて頂きます♪
とまと |  2009.10.12(月) 21:43 | URL |  【編集】

とまとさんへ

記事を書くことを承認してくださり、真にありがとうございました。
言葉を扱っていると、あら・・・これって。と思うことがあり、辞書を引くようになりました。
そんなときにとまとさんの記事を見て、こっこれは・・・と
飛びついてしまった次第です。
色々考えは十人十色ある中、とまとさんも中々大変だと思いますが(汗)
ばばーんと記事にしなければならなくなってきたというのが、ある意味寂しいですね。
でも、改めての認識として「真意」が伝わることを祈って。。。
おぉ!トラックバック!ありがとうございます!
日下ヒカル |  2009.10.12(月) 22:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/448-4f8827cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

お金を払ってパソコンを習いに来て下さっている生徒さんに対して申し訳ないので、パソコンの操作に関するご質問には、お答えできません。 ...
2009/10/12(月) 21:43:58 | 雨のち虹。時々とまと

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。