サイトマップ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


罪と罰と

2009.10.14 (Wed)

「好きだといったようなものだ」
自分で言った台詞に、さしたる疑問を感じなかったが
「そうだな」
何故僕は、正直に話してるんだろうと思った。
現実味がないと言えばない。
あるといえばある。

子供の頃から大の苦手だったことがある。
それは、集団行動だ。
人とのコミュニケーションをとることが何より苦手だった。
兄弟の存在も無く、どんなに時間をかけようと何をしようと邪魔をするものはいない。
マイペースで生きてきた。
比べられることも無く、ほんの少しでも比べられるようなことが出来事がある度に
泣いていた。
結局、怖くていえなかった。
いじめられていることを。
記憶の恥に残る、黒い話。

いじめられる原因が自分にあるとも気づかなかった。
人に合わせて何かを進めるほど起用でもなかった。
目まぐるしく動く世界についていけなかった。
だから、じっと積み木で一人遊んでいた。

それが僕の根本であり、世界だ。

マイペースでやっていける世界を知った。
幸せだった。
他人と関わらず、自分の行動で自分の判断だけで動く。
なんて気楽なんだろうと。
一人より二人を幸せだと思った。
けれど、泣いている回数は増えた。
喧嘩したりすることを繰り返し、その時に感じた。
やはり自分は何かがずれているんだと。

ねじが足りないどころではない。
企画が違うといっていいだろう。
一人だけで過ごしてきた時間は、感性をも変えてしまい中々同調する同姓は少ない。
仕事上の付き合いなどあまり自分の意見をプライベートの話ではださない。
それは反発を買うことを覚えた。

そうやって、罪を重ねた。

罰を作った。

人真似して、顔色を見る。
怒られないように。
間違わないように。
それが僕のコミュニケーションだった。

すっかり忘れた頃に、突然二人になった。
でも実際現実味がないのは、手の中にはまだいないから。
こんなことを何故望んだのかも、いまだ行方不明の気持ちと戦う。
自分が何に苛々して何に動悸をさせ何に怯えているのか。

「弱みを見せることも大事」

そういわれたことがある。
誰だっけ。
違う。
覚えている、誰から言われたのかを。

でもそれを、実行にうつすのが恐ろしくてたまらない。
言葉の端々にあるものを探す。
出てくるもの。
ありとあらゆるものから探して、自ら縄を編み、自分で絞める。
何をそこまでと頭が言っても心がついていかない。

僕の罪はなんだろう。
僕の罰はなんだろう。

「でも、もし一緒に居たいと願うなら・・」

そういったのは、誰だろう。

人真似できない。
どうやって人は人を好きになるんだろう。
どうやって人は人を受け入れるのだろう。

答えが、見つからないのに、感情だけ先走る。

考えても答えが出るわけじゃないよ、とりあえず歩いてみたら?

そう、頭の中で言ったのは僕なのに。
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

拍手する


コメント

これは……

「二人になった」
「手の中にはまだいない」

もしかして
妊娠?
ライム |  2009.10.14(水) 15:43 | URL |  【編集】

ライムさんへ

はにゃっ?!∑('◇'*)
そういわれたら、・・・そう感じますね。
キヅカナカッタ・・・・(*゚.゚)ゞ

二人になった=恋人になった
手の中にはまだいない=近くにいない

を現していました・・・いやはや、照れちゃった・・・(*・・*)
日下ヒカル |  2009.10.14(水) 17:29 | URL |  【編集】

んー。ちょっと難しいテーマ。
人を愛することが自然に出来ないことへの不安なんだろうか。
誰かと一緒にいても、壁があるように感じているということか。
そういうのってお互いの努力が大切だね、多分。
でも、その壁がある気持ちを、ちゃんと言わないとならない。それをさらけ出すのが怖い。一緒に努力してくれるとは限らないものね。
でもでも。同じ人間だから。魔物じゃないんだから;
気持ちを、時間をかけて少しずつ、出していくのがいいらしいよね。

ところで、えめるはずっとあきらめのいい人間だったから、ヒカルちゃんの頑張ってる姿が眩しいよ。
いまはずっと頑張ることの価値、前より分かるようになりました。
ここでヒカルちゃんと知り合えてよかったなと思ってますニャ。
ありがとね。
えめる |  2009.10.14(水) 17:43 | URL |  【編集】

えめるさんへ

んーと・・・好きになっていくけれど、色々壁がある気持ちとか、さらけ出すのが怖いってことは
うん、あってます。
お互いの努力なのか・・・
そうですね、そうですよね。
話した後相手にも圧し掛かる・・・と、そうか。
そう考えているから話せないのかな・・・。
時間をかけて・・・うん。そうですね。魔物じゃ(^^;ないですよね・・あはは

ヒカルも諦めてしまうことが多かったです。
そうしたら今度は諦めることが悲しくなってきて、珍しくネガティブエンジンを捨てて
歩いてみました。
まだ、怖くて未使用品を背中に抱えてるけど(^^;;;

>ここでヒカルちゃんと知り合えてよかったなと思ってますニャ。
はわわ(*・・*)
嬉しいです、こちらこそありがとうです。
日下ヒカル |  2009.10.14(水) 18:01 | URL |  【編集】

こんにちは

コミュニケーションが苦手、集団行動が苦手…
そういう人(私もその仲間)にとっては、
空気を読むのも、人に合わせるのもやはり得意ではない。

一人は楽、みんな自分のペースでできる。
でも、だからといって一人でいることだけがすきなんじゃない。
人と心地良い関係ができればそれにこしたことはない。
でも、心地良い関係を維持するのもなかなか大変。
なんだかそういう気持ち、自分の中にもあるので、すごくよくわかります。
それでいて、人恋しいようなところがあるのも…。

罪はないよ、罰もないよ!
でも、答えがわからないのも事実。
やっぱりとりあえず歩いてみるしかないか!!
空飛ぶミケ猫 |  2009.10.14(水) 22:21 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

そうそう、空飛ぶミケ猫さんのおっしゃるとおりです。
そうなの。
矛盾してるけれど、一人がよくて一人が嫌いなの。
寂しがり屋の甘えん坊で・・・どうしようもないところがあるのにたった一人だと
結構辛いのに・・・甘え方を知らないというか・・・
どうしたらいいのかわからないというか・・・

とりあえず、ですね。うん(^^)
ぽてぽて 歩いてみます。
日下ヒカル |  2009.10.15(木) 08:40 | URL |  【編集】

人との恋愛、コミュニケーション、
そして距離感…。

そのどれもがいつになっても答えはでませんよね。
自分が正しいと思っていても
相手がいる事だから毎回同じにはなるはずがないんですもん。
そういう意味で、今日のお話の中にある命題は
無理に答えを出すべき事じゃないって私は思ってます。

そうそう、いつも思うんですけど
ここにコメントを残される方って
皆さま素晴らしい考えをもってらっしゃいますよね!

その所為で一番手のコメントは緊張するし、
あんまり後になりすぎると皆さまのコメントに超影響を受けてしまいます><

あと、トップの銃もってるカッコイイ子は誰ですか!?
ヒカルさん?
D-3 |  2009.10.15(木) 11:10 | URL |  【編集】

Dさんへ

ん・・・-
無理に自己解決せずに、相手と一緒に考えないと答えが出ないって事・・・かな?
そうです・・よねぇ・・。

はい。
ここにきてコメントを残してくださる皆様は本当に
お兄ちゃんとおねえちゃんという気分です(^^;
手のかかる恐ろしい妹?ですよ・・・。

あぁ、トップの写真は・・・調理中の私。。。
フフフ・・・。
あの銃はマジで持ってます。
近距離で撃ったら缶貫いた・・・ビビッた・・・説明書見たら25m飛ぶんだそうです。
玉が。
びよ~ん!
日下ヒカル |  2009.10.15(木) 11:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/456-5ec4eda8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。