サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


都市伝説

2009.11.04 (Wed)

流行というものがあるとしたら、多分そうなんだろう。
この学校を卒業して、先生になった私には時代の差というものを感じたのだが
都市伝説的な話というのはやはりどの時代でも一度は話題になっているようだ。
最近、生徒達がそれで随分盛り上がっているが
その話を聞かせてもらったときには私はその場から逃げ出したいと心から思った。

煙の無いところに火は・・・。

その、火種が自分だとは露知らずその場にいたことを後悔した。
もしあの時、何もかもが全部うまくいっていれば今私はここにいないはずだから。

「実はこの学校の音楽室の壁には死体が生めてあるらしいよ」
「何それ、学校の七不思議ってやつ?」
「違うよ先生!これはね、都市伝説!」
「はぁ?」
「この学校は以前病院だったらしいの。それでね、都市伝説に出てくる女がいたんだけど
そいつが殺された場所かこの病院だった場所で学校になると決まった時に
埋められたんだって」
「何それ」
「都市伝説に出てくる女っていうのが、またリアルなんだって!」
「お前達もそういうの、好きだなぁ。私はここの卒業生だけどそんなこと聞いたこと無いよ」
「卒業生?」
「そうだよ」
「何期生?」
「一期生」
「えぇー!」
動揺する生徒達。
そりゃそうだろうね、その話しぶりなら。
「先生、ちょっとそれやばくない?」
「なにが?」
「一期生、今、事情聴取されてるんだよ?」
「それも都市伝説?」
「いや、その都市伝説ってのは踏み切りで死んだ女の子の話」
「あぁ、もしかして昔あった事故のこと?」
「でもあれは、全体的にある都市伝説で探し物してるって話だけど」
「そうだね」
「でも、その都市伝説に登場したのが本当に踏み切りで探しものをしていて死んだ子なんだって」
「都市伝説にしては、随分身近だね」
「それも音楽室の壁に埋めたのは、兄弟とかって話もあるしね」
「先生は、その子の名前知ってるかな?都市 伝子(とし つたこ)っていうんだけど」
「・・・え?」
「その子が、壁に埋められてたんだよ」
「埋められてたって」
「この前、音楽室って改装されるって話だったけどいきなり壁が壊れてそれで見つかった」
「・・・まさか」
「先生、知ってるの?あれ、そういえば先生の旧姓って」
08:31  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


コメント

これは

最初の場面は警察の事情聴取でそれ以降が回想
先生は双子の姉か妹に踏切で探し物をするように仕向けて死なせ
死体を音楽室の壁に埋めたのが最近出てきた……
という話かなと思ったんですが
合ってるかなぁ?(@_@)
ライム |  2009.11.04(水) 19:51 | URL |  【編集】

ライムさんへ

そうそう!
そうなんですよー!
都市伝説、なんて書いたけど、「都市さん」という名字の人の「学校の噂」=「伝説」という
妙なタイトル(苦笑)
先生、ばれちゃいました。。。 調理が。。。
日下ヒカル |  2009.11.04(水) 20:25 | URL |  【編集】

こんにちは

妹を死に追いやって…
それで数十年…
それがなぜか表沙汰になってしまったんですね。
やっぱり悪事はできないのでしょうか(笑)
それとも伝子さんの…
空飛ぶミケ猫 |  2009.11.04(水) 21:17 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

やっぱり、悪い事は出来ない。
そんなお話でした。

それも、教師なんて教員免許も持っていない彼女が母校でする羽目になっている。
これもまた何の因果か・・・ というやつですね。

ひょぉおおー!!><;;;
日下ヒカル |  2009.11.04(水) 23:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/476-3d776823

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。