サイトマップ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


金髪の女

2009.11.22 (Sun)

それは、突然、起きた事件だった。

校門を潜り抜け「日直だから先行くね!」といった彼女は、教室に来ることは二度となかった。
担任の先生も、家族も彼女の行方を捜したがまったく見つからなかった。
その日、とうとう最後まで見つからず警察に連絡がいった。

家に帰り、ヒカルは持っていくのを忘れていた携帯電話にメールが来ているのに気づいた。
「珍しい、誰からだろう?」
何故、この時、携帯電話を家に忘れていたのか。
それが、悔やまれた。
「どっどうして・・・」

いなくなった彼女からの、最後のメッセージ。

しかし、断片的で、文章ではない。

山 川の近く 岬ヶ原公園 箱 希望だけ 掴む 

「なに・・・これ?」
唯一わかるのは、岬ヶ原公園。
中学校から少し先に行った場所にある、昔よく遊んだ場所。
しかし、かなり寂れ今は誰も使っていない。
真新しい公園が出来たため尚更だ。

いなくなった彼女がそこにいるのかもしれない。

とっさにそう思ったヒカルは、急いで電話だけを握り締め走った。
急いで走りついた公園には他にも一緒に昔遊んでいた仲間がいた。
「みっみんな・・どうして・・」
「だって、変なメールが。ここにいるのか思って急いできて」
「私も。私もびっくりして・・」
「いた?」
「いないの」

突然、着信音が響く。

どこからか。
皆、自分の携帯を見るが着信していない。

「誰?誰の携帯?」
「違う、私じゃない」
「私も」
「俺も」
「私も」
「私も」
「僕も」

辺りを見回し、なり続ける着信音を頼りに皆で辺りを見回す。

「あった!あったよ!」

鳴り続ける携帯電話の元に皆集まった。
ヒカルは二つ折りの携帯電話を開け、通話ボタンを押した。

「私は、ここにいる」

紛れもなく、彼女の声だった。

プツッと来れてしまった。
一方的な電話。
何を伝えたかったのか、何がいいたかったのか。

「ここって・・・どこ?」
「なんで、携帯だけこんな滑り台のてっぺんに置くんだよ」
「わかんない・・・」
「なんなの・・気持ち悪い」
「とりあえず、警察にこの電話持って行こうか」

途端、ヒカルが持っていた携帯電話が震える。
彼女の携帯電話が。

「メール・・?」

メールを開いてみると、「前を見て」とだけ書かれていた。

固まって動けないヒカルたちに、突然聞こえてきたブランコの揺れる音。
誰もいないブランコ。
揺れ動き、激しくなる。

「誰・・・?」

ヒカルがそう呟くと、そこには金髪の女が黒いノートを持って立っていた。

「ヒカル」

そういうと、黒いノートを見せた。
仮想世界と書いてある黒いノートを。

30.jpg
08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


コメント

さらに強くなって登場ヒカルたーん!
待ってましたッ!って感じよ。
楽しみにしてるねっ^´▽`^
えめる |  2009.11.22(日) 18:04 | URL |  【編集】

こんにちは

なんだかとってもかっこいい登場だなぁ
ますますの活躍を期待しているね。
空飛ぶミケ猫 |  2009.11.23(月) 00:23 | URL |  【編集】

えめるさんへ

自分自身が登場してしまいました(汗)
えへへ・・・
調理、開始!

フフフ・・・ みたいな(滝汗)
日下ヒカル |  2009.11.23(月) 09:11 | URL |  【編集】

空飛ぶミケ猫さんへ

ででーんと登場しました!
といっても、実は以前にリクエストいただいた題材だったのですが(^^;
頑張ります!

調理・・・を?(^^;;;;;;;
日下ヒカル |  2009.11.23(月) 09:14 | URL |  【編集】

復活第1作、おめでとうございます!
そうか、この金髪の女の人がヒカルさんにネタ帳を……
これで、怖いものはなしですね!!(*^▽^)/
期待していますO(≧∇≦)o
ライム |  2009.11.23(月) 16:32 | URL |  【編集】

ライムさんへ

自分自身が登場してしまいました!
じゃじゃーん!みたいな(^^;;;
金髪のこわーい、調理をするノートを持った(ある意味ですのーと?)ヒカルが
この世界の王様です!
・・・お姫様かな・・・?

・・・どっちかというと、魔王?
日下ヒカル |  2009.11.23(月) 19:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/489-d1ed51e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。