サイトマップ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


コールセンターでぷるるるるるん3

2010.02.05 (Fri)

コールセンターの日下ヒカルでございます。

本日もよろしく・・・



追記です。


いろんなお客様。
お客様は困っている。
だから、かけてくる。
本当に困っているんだと思う。
ただ困っている内容は、様々である。


ぷるるるるん♪(実際のコールセンターでは着信音はなりません)

「お電話ありがとうございます。○○パソコンサポートセンターの日下でございます」
「あんなー!俺は刺してやるぞ!」
「・・・・?!?!?!?!あの、お客様・・・」
「刺すって言ってんだよ!お前どこで電話取ってんだぁ?!あぁん?!」
なんかめっちゃキレてる・・・。
何事?!?!?

「パソコンサポートセンターですが、どのようなご用件でしょうか?」
「・・・あんなぁ、音が出ないんだよ」
なんだ!質問あったんだ・・・
さっきの話は何?!
私にいった言葉じゃないの!?

「パソコンから音が出なくなったということでよろしいでしょうか?」
「でなくなったんじゃなくて、最初からでない」
「かしこまりました。お客様のご購入されたパソコンを確認いたしますのでお客様番号をお願いいたします」
「×○××○△△×」
出てきた画面にびっくり。

※○○支社に包丁持ってきた人物 対応丁寧に!要注意!

まじで?!?!?!
もう一瞬で汗びっしょりです。


「パソコンの機種を確認いたしました。それではパソコンは目の前にありますか?」
「うん、あるよ」
打って変わってめっちゃ大人しいのが逆に怖いんだけど・・・
「では、設定の確認をさせていただきたいのですが操作をお願いしてもよろしいでしょうか?」
「うん」
「スタートボタンを押して、コントロールパネルというところをクリックしてください」
「うん、開いた」
「その中に、スピーカーのマークをしたアイコンでサウンドとオーディオの設定をクリックしてください」
「・・・あぁ!これね。うん。あ、なんか出てきた」
「この画面がスピーカーの設定を確認する画面です」
「ふーん」
「では、上のタブでオーディオというのはございますか?」
「・・・タブ?」
ドキリ・・・
「しおりのような・・・サウンドとオーディオのプロパティと書いてある文字の下に、オーディオという文字はございますか?」
「・・・あぁ!あるある」
「それをクリックしてください」
「うん した」
「音の再生という文字はありますか?」
「うん ある」
「その側に音量というボタンはありますか?」
「ある」
「それをクリックしてください」
「した」
「マスタ音量という別の画面が開いたと思いますが如何でしょうか?」
「うん 出てきた」
「その画面のマスタ音量に全ミュートというチェックはついていますか?」
「うん」

ほっ!
なーんだ・・・簡単でよかった!!!


「では、全ミュートというのは音を消音にする機能ですのでそれを外しましょう!すると音が出ますよ!」
「ホント?外すよ?」
「はい!」
「ちょっとまって。出るかどうか確認したい」
「はい。聞けなかった音を聞いてみてください!」
カチカチ カチ カチカチカチカチ カチ カチカチ マウスの音が響いている
「・・・あぁあん!そこっ!あっあっあぁぁああん!」(大音量)
?!?!?!!?
「出た ありがと」

ガチャン!!

・・・・・・・解決して、良かったね・・・。
10:42  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

拍手する


コメント

そんな大事な音がでなければ
さぞかし困った事でしょうw
でも昔は音が出る媒体なんて逆に少なく
殆どの人が紙媒体で想像力を働かせたものです。
今度包丁を持って来たら
銃刀法違反で犬のおまわりさんに渡して上げちゃいましょう♪
カゼノオ~ |  2010.02.05(金) 11:15 | URL |  【編集】

大変ですね!

え~
本当に そんな人いるんだ。
解決してよかったですね。
ホッと 胸をなでおろしました。
ピオーネ親父 |  2010.02.05(金) 13:29 | URL |  【編集】

(笑)

きょうも笑った(^^)
ありがとう!
abeken |  2010.02.05(金) 13:48 | URL |  【編集】

このおじさんが直接乗り込んでこなくてよかった……。
……よかったことにしよう(-_-;)
うん、ヒカルさんが無事でよかったです。
ライム |  2010.02.05(金) 15:54 | URL |  【編集】

カゼノオ~ さんへ

大事な音・・・だったでしょうね(苦笑)
そんでたずねた後に音が出たのはいいけれど、恥ずかしくてがっちゃーん!!ってきっちゃったんでしょうね・・・(^^;;;;

ばっちり聞いたけどね!!

紙媒体での想像力!!(爆笑)
確かに!!
犬のおまわりさんを探さなくちゃ!!わんわん!!白いお父さんがいいかな・・・?(^^)
日下ヒカル |  2010.02.05(金) 17:20 | URL |  【編集】

ピオーネ親父さんへ

そうなんですよ・・・本当にこんな人がいらっしゃいますの(TT)
この電話の後に聞いてみたところ、どうやらコールセンターで対応した人が感情的になりどうも相手を怒らせてしまったらしいんです。
んで、どこにいるのかー!!といわれてくるわけないと高をくくっていて本当のことを話したら、包丁持ってきて大暴れしたとか。
ただ、文句というか・・・すごい言葉遣いだけれど沢山購入してくださるいいお客様ではあるのです。
なので、扱いは難しいところですね・・・。
日下ヒカル |  2010.02.05(金) 17:22 | URL |  【編集】

abekenさんへ

お!
笑った?!
笑っちゃえました?!

やったね(^-^)v
日下ヒカル |  2010.02.05(金) 17:23 | URL |  【編集】

ライムさんへ

えぇ・・・本当に来なくて良かったです(TT)
最悪、返り討ちにあって私が逮捕されて刻まれた死体と共に証拠の出ない現場で限りなく灰色なのに立件できないという事件に発展・・・

・・・ゲフン いえいえ、なんでもないですよ(^-^)

・・・(ー)

私も相手も無事でよかったです!!(^^;
日下ヒカル |  2010.02.05(金) 17:25 | URL |  【編集】

あぁ……、そりゃまあ、音出なきゃ困るよねぇ(ノ_-;)ハア…
でもそんなんで刃物持ってこられたら、たまったもんじゃないかも。
っていうか、コールセンターの業務内容はとても大変だと再認識いたしました。。
せあら |  2010.02.05(金) 19:19 | URL |  【編集】

こんばんは。
こういう人達って
説明書の存在、知らないのかなぁ?
と不思議になります。
声、聴きたかったんですねぇ・・・
でもこういう人って
受け手側からしたら良い指針になるのかもしれません。
意外と素直そうだし。
きちんと対応すれば何事もなく良いお客さんでいてくれそうだし。
sentien |  2010.02.05(金) 21:15 | URL |  【編集】

大人にもなってそこまでキレるとは・・・
大人にも色々あるんですねwww
Uma |  2010.02.05(金) 23:08 | URL |  【編集】

せあらさんへ

音が出なきゃ困りますねぇ(^^;
アハハハハ・・・
刃物を持ってきたときの質問内容はわからないんですが、実際に持ってきたそうなのであだ名は包丁の名前が付いてました~。
なんだったかな・・・
コールセンター業務ははっきりいって胃に穴が開き&人間不信に速攻でなれますよ!!(苦笑)
日下ヒカル |  2010.02.06(土) 14:34 | URL |  【編集】

sentienさんへ

そうですね。
説明書を読むと言う事をされない方が多数いらっしゃいます。
理由は様々ですが見てもわからないとか捨てたとか・・・(--;
色々やっているうちにいろんな説明書ごっちゃにしてどれかわらかないとか・・・
いいお客様である事には違いないですね!
めっちゃ購入してくださるので~(^-^)
日下ヒカル |  2010.02.06(土) 14:36 | URL |  【編集】

Umaさんへ

いやいやいや、大人だからこそ大人の喧嘩を知ってるんですよ・・・
ただ大人の喧嘩かどうかははっきりいって違う気がしますが、駄々こねているだけといえばそうなるけれど無碍にできないのが大人の世界なのです。
気をつけてぇ~(笑)
日下ヒカル |  2010.02.06(土) 14:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/601-e10a4b62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。