サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


今日は餃子!

2010.02.25 (Thu)

お父ちゃんの大好きな餃子を作ります!




追記です。

今日はおとうちゃんの命日です。
というわけで、おとうちゃんの大好きな餃子を作ることにしました(^-^)
小学校四年生というといくつですかね?
10歳かな?
となると19年になるんですね。

残念ながら思い出はどんどん薄れ忘れていくことが多くあまり覚えていません。
入退院をしていた時は私自身があちこちに預けられていたため
お見舞いに行った記憶も最初のほうしかなくて。
どうして預けられていたのかは知らないのですが、家に帰れないことがとても嫌でした。
居心地悪くてね。
いくら、親戚の家とはいえ・・・。

おもちゃかってあげるから我慢してといわれたことだけ覚えていますが
確か「いらないから帰りたい」といった記憶があります。
一人お留守番でもいいので家がよかったと思ってましたねぇ・・・

学校に連絡があって、担任の先生だけが慌てて私にランドセルをしょわせて
下駄箱に放り出し「早く行きなさい」といわれたものの
病院の場所知らなかったんですよね。
ぼ~っとしてたら、叔母が迎えに来て車で連れて行ってくれてその時点の記憶はものすごく鮮明に残っています。
なにより一番覚えているのが匂いです。
病院の消毒の匂い。
入院病棟の。
今でもその匂いを嗅いでしまうと最上級に気分を悪くするので、やはり嫌な思い出として実はインプットされているのかもしれません。
ほぼ覚えていないのはもしかしたら意図的に小さな私は記憶を消したのでしょうかね。

じゃぁ何を覚えているんだ?というと、もっともっとちいちゃい時の話。
小学校一年生くらいまでかな。

おとうちゃんは41歳で結婚してかなり遅い結婚ですよね。
まぁ、そのせいか赤ちゃんの私に対してはすんごいベタ甘だったらしいんですが
それは親戚達から聞いた話。
私が覚えているおとうちゃんというと、優しいけどめっちゃ怖いんですよね。
ひっぱたかれたことも覚えているし。
抱っこしてくれたことも覚えてる。
雷が大好きで、台風とかが好きで、外を眺めている人でした。
私は震えてました(笑)

あんまりにも雷が嫌いで泣いていたので、お風呂のドアを開けておとうちゃんは廊下に座って見守ってくれていました。
何で一緒に入らなかったんでしょうね・・・
お正月は一緒に入っていたのに。

いろんな機材とかをがちゃがちゃ扱う仕事をしていたので、いろんなものが家にあり私のおもちゃになっていました。
全部分解してぶっ壊すのが好きでした。
お陰で小さい頃からドライバーとかで遊んでいましたね。
下手に覚えてお気に入りのおもちゃまで分解して自分で泣きました(;^_^A
元に戻せなくなって(笑)

こうやって思い出そうとして書いているのに思い出せませんね・・・
うーん・・・(ーー;
薄情な娘でごめんよ、おとうちゃん。

でもね、ちゃんと覚えてることは覚えてるんだからね!
土曜日は学校が午前中で終わるから、下まで降りてきて迎えに来てくれていたことは覚えてるぞ!
んで、暖かい日は庭にござをひいてお昼を二人で食べてました。
母はそういうのに参加しない人なんですよね・・・
何でもかんでも父は私を連れて行っていました。
オートレースに競艇場にパチンコ・・立ち飲み屋(;^_^A
小さい子がオートレースの件を買う用紙を手に持って「あぁー2-5だよね?」とか言ってたんですから、周りの大人はぎょっとしていたでしょうね(;^_^A
とはいえ、ほとんど100円一枚だけなんていう買い方するので勝った記憶はありません(笑)
ただ、とっても大勝して気分のいいおじちゃんたちにモテまくりお小遣いを貰ったことがあります(^-^)v

見知らぬおじちゃんでした。
うれしかったよ、ありがとう・・・

さて、餃子を焼きますか・・・

そうそう、我が家は餃子ね昔は両面焼いてたの。
だからなんでテレビの餃子とかは片方しか焼けてないんだろうって思ってた。
我が家のローカルですね~

わっはっは
18:40  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

拍手する


コメント

お父さん まだまだ若かったんですね。
50歳代でお亡くなりになって
成長したヒカルさんのこと 見たかったでしょね。
特に バージンロードを 腕を組んで 歩きたかったでしょう。
私も 娘を嫁がせたので この気持ち 味わっていただきたかった。
ヒカルさん小さいとき 苦労(?)寂しい思い
したんですね。
それに比べたら 我が子たちは 幸せモンです。
なんか 今日は 余計なこと グダグダ書いて すみませんでした。
ピオーネ親父 |  2010.02.25(木) 20:54 | URL |  【編集】

ヒカルちゃんの機械への強さは、お父様ゆずりだったのね。
しっかり、絆があるね。親子ですね~。

お父様も、これから幸せの階段を上る愛娘の姿、きっと天国から見守っていることでしょう。

ギョウザ、美味しいよねー。
作ったギョウザはいつもの3倍くらい食べられますっ!
花嫁修業、お料理頑張ってねッ。^・▽・^ノ
えめる |  2010.02.25(木) 21:43 | URL |  【編集】

お父さまの命日だったんですね。
ヒカルさんにたくさんの思い出と、好きだった餃子を覚えててもらえて、命日にはその餃子を作ってもらえて。
幸せですね、お父さま^^
ライム |  2010.02.26(金) 02:33 | URL |  【編集】

ピオーネ親父さんへ

そうですね~50代でしたので、今考えると若いですね~
バージンロードをあるく(;^_^A
いやはや、父はどうかな・・・
一緒にお酒を飲みたかったかもしれませんね~
私は飲めないんですが父はお酒好きだったので!
お父ちゃんがいておかあちゃんがいてというおうちは本当にやっぱり幸せです(^-^)
素敵なこと♪
おじいちゃんにもうすぐなるピオーネ親父さんにとってはドッキドキ!の一年になりますね!
日下ヒカル |  2010.02.26(金) 08:44 | URL |  【編集】

えめるさんへ

どうも父譲りだったみたいです(;^_^A
勉強がからきし?だったらしいのですが、そこもそっくりに(笑)

餃子!惜しかったですよ~~
三倍は食べられなかったけどおなかぽんぽこりんです~♥
日下ヒカル |  2010.02.26(金) 08:47 | URL |  【編集】

ライムさんへ

そうなのですよ~命日でした!
なにより餃子とビールを用意しましたので喜んでくれたことでしょう(笑)
おちゃけ大好き☆おとうちゃん!
日下ヒカル |  2010.02.26(金) 08:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/640-82007925

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。