サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


タイムテーブル

2010.04.02 (Fri)

「今日は四十八時間の日か・・・」
会社のグループウェアのお知らせのタイトルが目に付いた。
明日は四十八時間の日である。

一日二十四時間しかないが、それを四十八時間にするという奇妙な社風が急遽決定したため振り回される社員は大変だったが二十四時間の場合とほぼ変わらない。
寝る時間は変わらないのだから。

「おい、平河」
「ん?」
同僚がカプセルを持ってきた。
最悪だ。
「使用許可が下りた」
「下ろすなよ・・・」
「俺だって嫌だよ。仕方ないだろう?明日四十八時間なんだぜ。飲まないと死ぬって」
「飲んでもいつか副作用が出るんだろう?」
「大丈夫だって長寿細胞を摂取しなければ出ないんだぜ」
「俺、あれ飲みたかったのに」
「マジ!?お前三世紀生きたいのか?!あり得ないぜ。あんな化石になった状態で?!やめとけ!」
「新製品は飲んだ当時のままだろ?体とか細胞全部」
「らしいけど、試したやつまだいないだろう?」

現代では四十八時間体制に体を有効活用するためのサプリメントがある。
だが、承認制で会社が購入しそれを服用する社員は服用に関する注意事項と承認事項にサインしなければならない。
サプリメントを服用するとまさに一日が四十八時間になる。
つまり、睡眠は二十四時間の場合と変わらない状態に体の細胞を変化させるらしい。
だが副作用はもちろんある。
それは長寿細胞という開発された新薬。
死とういう概念をなくそうというのが最終目的だがそれでも新薬は三世紀までしか生きられないという。
今までと違う点は肉体的老化も止めたことだが、これと併用できないのが四十八時間サプリメント。
どういう理由かは不明だが今のところ厳禁とされている。

噂は各方面ネット上でもあらゆる角度から投稿されているが現実味が無い。
実際に飲もうと思えば簡単に飲める。
それを厳禁とするが誰一人飲んだことは無いらしい。
最もそれが怪しい話だと思うが。

「平河、お前・・・。長寿細胞、飲んだんじゃないのか?」
四十八時間サプリメントを服用して一時間後、同僚が俺を見てそういった。
いきなり何を言い出すのかと思ったらわけのわからいことをよく言う奴だ。
「なんだよ。飲まないよそんなの」
「だってお前・・・体、なんとも無いのか?」
「は?」

体を見ると、それは認めたくない現実がそこに存在した。

「お前・・・ヤバイって・・それ・・・。救急車呼ぶか?!」
「・・・嘘だろ・・・だって俺、マジで飲んでないよ!」
「でも・・・それは・・・」

瞬間、弾け飛んだ。

「ひら・・・かわ・・・」

膨れ上がった俺の体はあっという間に風船が割れたように弾け飛んだ。
それなのに俺はまだ意識がある。
何故・・・。

「四十八時間サプリメントの副作用に書いてあっただろう・・・馬鹿やろう・・・」
「・・・なに・・・が?」
「体内時計を操作する細胞は急激な変化に耐えられない。同時に存在すると爆発するんだよ」

08:00  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


コメント

お前はもう死んでいる・・

なるほど!ケンシロウはこのサプリを相手に飲ませていたのか!!
ひでぶ~~~
カゼノオ~ |  2010.04.02(金) 14:10 | URL |  【編集】

カゼノオ~さんへ

アチョチョチョチョチョチョチョチョチョチョチョーーーー!!!(笑)
恐ろしいサプリです^^;;;
日下ヒカル |  2010.04.02(金) 21:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/680-3f3a9212

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。