サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


その後どうなったかということを語ってもいいですか?

2010.04.16 (Fri)

その後の話です。

前編を軽くまとめると
職場で「知らない」「初めて聞いた」を何十回教えても連発する人に対する不服を訴えたわけなんです。

一行でまとまりましたね。
ハハハハハ


じゃ、書くぞ?


ヒカルゴジラ が 成長して ヒカルザウルス 降臨!(笑)





研修終了日、朝はプロパーさんが忙しそうにされていたので自習になったわけなのです。
とはいえもう自習といっても覚えることというのは余りありません。
経験値が必要な職業です。
コールセンターは・・・。
対 お客様ですので、パターン化されたお客様なんていませんよね?
なので数をこなさないと対応は十人十色で違うのでどうしようもないわけなんです。
いくら武装してても。

なので、私はお客様リストを見て上位指示がどんなものがあるのかを見ていたのですが
隣の彼女が「質問していいですか?」といってきたのが朝の霹靂の始まりでした。


「どうしたの?」
と答えた私に彼女はとんでもない質問をしてきたのです。
「昨日、はやくできる?って突然言われてわけわかんなくて電話番号案内したんでケド~」
「・・・なにを早くできる?って言われたの?」
「いや、わかんないんですよ!いきなりいわれてぇ~」
「なら、誰もわからないよね?聞かないと」
「え??」
「話の途中に早くできる?っていわれたんでしょ?なら、何を早くなのかこちらから質問しないとどうしようもないよね?」
「あぁ~そっかぁ~!こっちから聞くんだ!!」
「・・・聞かないと何を言ってるのか理解できないと思うし、早くできると言われてますがどうしたらいいですか?なんて社員さんに言っても何を早くなのか主語がないとどうしようもないよ?」
「え?そうですか?」
「早くできる?って私が今言ったらなんて答えるの?」
「・・・いや、でもぉ~申込書を見ればわかると思ったからそれを伝えたくて電話番号案内して~」
「申込書???」
「はい。申込書の話だと思って書き方を聞くならここの番号を・・・」
「書き方??どうして書き方の話になってるの?」
「・・・なんか急いでて、はやく書きたいのかと思って・・・」
「申込書ってまだお客様の手元にないよね?」
「え?!そうなんですか?!?」


この刹那、殺意が湧いたのは いうまでもない。


申込書をお送りします。
この規定の台詞はオペレーター全員にある。
今から送るという話をしているのだ。
手元にないのは当たり前である。

ちなみに、研修二日目くらいに散々言われた仕組みの重要であり基本部分だ。


「今とんでもない事言ったけど、大丈夫なの・・・?」


殺意と同時に青ざめて嫌な汗が体中にまとまりついた。
怒りとか殺意とか通り越す。
軽々と通り越して焦りと不安だ。
対 お客様の仕事。
クレームになったら大変。
扱っている商品の特性上、とんでもない話になるし裁判沙汰も身近になる。
それをわかっていない馬鹿が横にいた。

結局、仕事をしている会社の仕組みや商品の説明をしなおした。
すると彼女は「しらなかったぁ~」といったのである。
知らないんじゃなくて、聞いてなかったんだろ?って思う。
聞いていたとしても理解できる会話ではなかっただろう。

悪いがドライに物申す。

小学生レベルの会話も通じない。
それが現実だ。
彼女の状態である。
嘘でも言いすぎでもなく、事実だ。

まず、彼女自体が話すことを日常会話でも文章にして話せない。
単語・単語で何を言いたいのかわからない。
日常会話でこの状態だ。
仕事の話など、殆ど理解できていなかっただろう。
質問するにしてもまったく主語がない。
基点がない。
だから、何を質問しているのかわからない。
「何がわからないの?」
と聞き返すと
「何がわからないかわからないんですよ~。アハハ♪」
と返答。

朝、三十分ほどこのやり取りをして私はもう限界だった。

無理だ。
黙っていられない。

大抵、派遣社員同士は仲がいい。
同じ立場・境遇だから。
得て不得手は沢山ある。
個人差は当然出てくる。
苦手とするものは、得意な人がカバーすればいい。
そうやって、うまくやりくりする。
フォローもする。

だが、フォローする限界を超えた。

フォローしたくない。
そう思ったのは人生初だった。

社員さんが側に来て研修始めますといって、書類を受け取りに席を外した際わざと一緒に行った。
で、こっそり伝えた。
「彼女はまったく理解してない。このまま研修終わって本番はとてもじゃないが・・・」と。
同じ研修を受けている立場。
早々のことをいえるような立場でもない。
こんな話をするのもはっきりいって角が立つのはわかっているのでしたくないが
クレームや損害を与える可能性しかなかった。
同じ派遣会社から派遣された派遣社員。
本当に何かあったとき、派遣会社自体を切られたら私までクビだ。

冗談じゃない・・・。

言わずと知れたというべきか、もちろんプロパーさんも彼女の状態をある程度気づいていたが
困り果てていらっしゃったしものすごくイラついている様子はすぐにわかった。
言っても言っても覚えないし、知らない聞いてない ばかりなのだ。

自分のことはほったらかして人の作業を覗き込み、あれこれ文句を言ってくる。
「これはここをクリックするんですよ~」「それはここですよ!」とか・・・。
しってるっちゅーんねん!!と思うような当たり前の話を延々と指摘するのだ。
人の作業の邪魔をして。

「あのね、それは最後にしないといけないから。わかってるから」
何度言っても彼女の攻撃は止まない。
人の仕事の邪魔しかしない。
自分の作業は一歳しない。

見かねたプロパーさんが「自分のことしてください」と何度も言うがしなかった。


朝、派遣会社の担当営業が呼び出され派遣先の責任者と彼女と三社面談が行われた。
辞めるように誘導するために。

だが、辞めるといわなかったらしい。

帰ってきた彼女がいった言葉は「私~質問ばかりするから~なんかだめみたいで~ もうすこし様子見て考えるとかいわれちゃった アハハ♪」といったのだ。

様子見て状況に変化がなければクビにしますと言われた人が、こんな態度で仕事するの見たことない。
普通、焦るよね?
だって、変わんなきゃクビだっていわれたのよ?

その後の態度も、上記と変化なし。
まったく覚えようという気もなければ焦っている感じもない。
人の話を聞かないし、聞いても覚えない。
ぐちゃぐちゃにノートに書いてちっとも整理されていない。
シャーペンで殴り書き。
ノートも開いたところに適当に書く。
どこに書いたか忘れる。
書いたことも忘れるけど。

派遣でどうしても合わない。自分にはスキル的に厳しい。そういう理由で辞めていくことはある。
それは自分のキャパシティーをちゃんと知っているから出来ると思う。
人伝で聞いた話で仕事に入ってほぼ即実践で仕事をしなければならない。
聞いてい話と違う。
これはできないし、しらない!ということももちろんある。
それは致し方ないとおもう。

なにが苛々するかというと、仕事に対する姿勢があまりにも酷い。
不安な部分を解消する努力もしない。
報告もしなければ、最後には失敗したことを報告せず指摘を受けても嘘をついた。
「してません」と。

社会人としてどうかって話になったわけなんだが・・・。
席替えがあるので彼女とは離れるので幸せになるが、一人で何も出来るはずがないと私は思う。
というか、させたくないね。
まぁ、させないと言ってたけどね。。。

08:00  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


コメント

ブラックホールな彼女!
鳩総理となら噛み合うかもっ!

読んでいてエチゼンクラゲみたいな方だな~
…と思いました。
カゼノオ~ |  2010.04.16(金) 09:34 | URL |  【編集】

ヒカルさん、大人ですねー。
私なら間違いなくブチッといってる。
こういうヤツとはかかわりあいたくないが、
野放しにすると、かならず厄介な事件が起きる!
そして、自分も巻き込まれる。

まったく、静かにいなくなって下さい・・
ってとこでしょうかね。
meronn-mama |  2010.04.16(金) 10:11 | URL |  【編集】

カゼノオ~さんへ

エチゼンクラゲ(笑)
話が理解できていないから自分が大ピンチと気づいていないみたいなんですよね。。。
いくらなんでも漢字が読めないし理解できないといって返済とか完済とか
そういうレベルを聞かれたのは初めてでした。
漢字を書くのを度忘れしたというのは誰でもあるけど・・・と思いますが。。。
意味まで?!みたいな・・・ねぇ(汗)

日下ヒカル |  2010.04.16(金) 10:19 | URL |  【編集】

meronn-mamaさんへ

いえいえ(;^_^A
大人というか・・・キレるのを通り越してくれたといいますか・・・
関わりたくないのですが同じ派遣元なので、A派遣会社から来てるのはまともなのに
B派遣会社から来たのは馬鹿なの?なんて話しになりますよね。。。
上の人から見たら…。
それで、どうにかこうにかやってきたのですが(TT)

席が離れたので、多分土曜日からは幸せな日々が待っているはずなんですが・・・
日下ヒカル |  2010.04.16(金) 10:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/700-5f8e16a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。