サイトマップ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


お隣さんから

2010.08.19 (Thu)

たった一人で適当に入ったバーのカウンター席。
まさか、映画のようにマスターから「お隣さんから」などといわれカクテルを貰うとは思っても無かった。
泣きじゃくった顔を化粧もなおさずに飲んでいる女に。
マスターは何も言わなかった。
そりゃそうだ。
客がどんな顔してようと関係ないだろうからな。

「どうも」

グラスを持ち上げ「お隣さん」とやらににこっと笑ってみせた。
彼は私を見て目をちょんちょとんを指差す。
何かと思って自分の目の辺りを触ると付けまつげが取れかかっていた。
そうだ、涙を拭いたときごしごししたから。

笑ってまつげを取った。

彼はカウンター奥を指差し、メニューを見る。
食べるものがあるのは珍しい。
それもかなりマニアックな料理と統一性の無いメニュー。
思いつきで書いたように思える。

彼は、メニューを指差し天井を指差し、そして3と指を立てた。
上から三番目のメニューは”マスターティラミスとその仲間達”
ティラミスはわかるがそれ以外は何が出てくるんだろう。
金額もすごいんだが・・・
ティラミスになんで五千円なわけ?

私は彼に高いわねという表情を見せた。
すると彼は、マスターに何かを頼んだ。

私の席にそのティラミスが届いた。
驚き、彼を見た。

「一緒に食べても?」

そういった声は、なんと女性だった。
驚いた。
男だと思っていたのに。

「あ・・・ はい」
「男だと思ってたでしょ?」
「えぇ・・・まぁ。驚きました」
「だろうね。だれも私が女だって思わないもん」
「服の問題なんじゃ・・・」
「ううん。女の格好してたら変態だと思われて何度も警察呼ばれたからしないんだ」
「そう・・・ですか」
「それより、食べようよ。おごるから。おいしいよ?これ」

確かのそのティラミスはおいしかった。
また、”仲間達”というのは様々なデザートが盛り付けられていた。
ミルクレープやシフォンケーキにフォンダンショコラ
アイスクリーム 生クリームとフルーツ

名も知らぬ男っぽい女の子と、他愛の無い世間話と愚痴を話しながら食べた。
気がつけば午前二時。

「帰りは必ずタクシーで帰りなさい」とマスターが心配そうに言う。
私は「そうだね」と気の無い返事をした。

先に帰るねといって出て行った男っぽい女の子。
本当にこんな高いデザートやお酒をおごってくれた。

私はすっかり眠くなって店から出てすぐの路地にあったベンチに座り込み寝てしまった。

「おはよう」

痛い頭を抱えながら目を開けた。
誰だろう?

「こんなところで寝てるとは」

あれ?
毛布がかけてある。

「きっと、あの家の人がかけてくれたんだよ」

毛布には張り紙がしてあり”触ると危険”と書いてある。
誘拐されないようにという気配りなんだろうか。

「おいで、うちが無いなら。僕と一緒に住もうよ」
「え?」

見知らぬ高校生が私を起こし歩きだす。

「ママー!」
普通の家。
普通の家族が出てきた。
流石に目が覚めてきた。
そして青ざめた。

「人間拾ってきたのははじめてね・・・」
驚いた顔をしているママ。
そりゃそうだ。
高校生か中学生の息子が酔っ払って寝ている女を連れて帰ってくるんだから。
「さぁ、まずは顔洗ってお風呂入りなさい」

だが、この家族は何も聞かず普通に迎えた。
こんな私を。
ママに言われるがままお風呂に入り顔を洗った。

「おや、起きたか!」

マスターは笑って私の顔をつねった。

「ここ、マスターのおうち?」
「そうだよ。僕の妻に、僕の息子だ」

私は朝ごはんを頂いて、それからまた少しだけ休んで家に帰った。

気がつけばこれは懐かしい話になった。
あれから十年。

焼けてしまったこの店の前に私は立っている。

あの時、一緒に話した男の子っぽい女の子がたった一人で死んでしまった。
身元不明者として扱われ現在も引き取り手の無い遺骨として寺にある。
十年前のあの日。

それは、始まりに過ぎなかった。

この事件の始まりに。


09:16  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


コメント

連載?

続きが気になりますね!
ひぐらし…鳴いちゃうんですか?
カゼノオ~ |  2010.08.19(木) 09:54 | URL |  【編集】

カゼノオ~さんへ

すみません~~~(汗)

思わせぶりで終わるひどい話ですwww
一話完結!!

うにゃぁ!猫の爪攻撃はだめにゃーwww
日下ヒカル |  2010.08.19(木) 17:40 | URL |  【編集】

!?

はじめまして、そらまめと申します。

続き…、無いんですか?
この先が読みたいです…!
そらまめ |  2010.08.20(金) 19:17 | URL |  【編集】

そらまめさんへ

はじめまして!!コメントありがとうございます!(ノ^∇^)ノ

続き!!うわぁ~!!嬉しい!!
リクエストがあると書いちゃいます!!(笑)
本当に嬉しい!!

ご期待に添えるかわかりませんが、続き書いてみますね~!!
日下ヒカル |  2010.08.20(金) 20:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/764-8fb14cfd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。