サイトマップ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


時空間転送 タイムラインの移動

2010.07.20 (Tue)

僕がこの時代に存在するのは二人。

未来から着た僕と、このタイムライン上の僕。
僕達はこうしてであった。

僕も過去に未来の僕とあったのだから。

「まさか!タイムラー博士の機械を使って?!」
僕が答えたように、過去の僕も答える。
時間という流れは一本しかない。
タイムラインはひとつ。
多空間説などという話もあったが実際は存在しないことがわかった。

全部、タイムラー博士の受け売りだけど。

「どうして、戻ってきたの?この過去に」

このときの僕はまだタイムラー博士と出会ったばかり。
タイムラー博士が発表した時空間転送装置のことで話題になり、偶然その博士を見つけてしまった。
まだこの数日跡に起こる惨劇を知らない。

「戻らなければならないことが起きた。救いたいんだ」
「救いたい?」
「そう。たった一日だったけれど、愛する人を見つける。その愛する人を助けたいんだ」
「愛する人?」


ものすごい局地的な豪雨が降った日。
突然雨雲が当たり一帯を覆い隠し、雷鳴を轟かせ人間の本能的な恐怖を感じさせたあの夕暮れ。
その時僕達は出会った。
道路なのに突然大量の水が襲ってきた。
僕は両親が運転する車の後部座席で寝ていた。
雷の音で目を覚ましたが、ぼうっとした頭で外を見ていた。

「逃げるぞ!」
父親の声に反応するのが遅く、目の前に見えた洪水で流れてきた大量の水にすべてを束縛された。
次の瞬間、水の中で出会った。

綺麗な姿をした人魚。

その彼女が僕を抱きかかえ流れに乗ってあっという間にどこかの海まで流された。

「まさか、人間が残っているなんて思ってなかった」

うつろな意識の中で聞こえたのは僕とよく似た声。
目をうっすらと明けると人魚が目の前に居た。
腹から下が魚。
上半身は女性。
胸は絵にかいたように貝殻でブラジャーしていてくれれば目のやり場に困らなかった。
素っ裸だ。

「・・・起きた?」

これが僕と彼女の出会い。
人魚姫の僕と同じ顔をした女の子。

「その人魚姫と僕がどうかなるから、君は過去に来たの?」
過去のタイムライン上の僕は昔僕が聞いたとおりに言う。

時空間転送装置は未来にはいけない。
僕の行動が必ずしも未来で人魚姫を救うとは限らない。

わからないんだ。

「お願いがある。彼女を救いたい。それに協力して欲しい」
「どうすればいい?」

その答えを僕は知っている。
でも僕はそれを実行に移す勇気がない。

「何で泣くの?」

僕は僕の胸の中で泣き続けた。
22:06  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

拍手する


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.07.21(水) 22:17 |  |  【編集】

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます!

お返事書いたら超長くなってしまいました(汗)

ふむふむ・・・なるほど・・・。
ほとんど同じですね。
後は、そういう状態になるのが特定ではないということですね。
内科的にちゃんと見てもらい異常がなければ私と同じだと思います。
超ヤバイ病気でもなんでもないです。
本人はすげー辛いけど(^^;

”パニック障害”ってやつです。

かなり振り回されあちこち病院にいきましたが、心療内科に行けばOKです。
但し、心療内科と看板を掲げている先生でも精神科出身の先生のところはダメです!(><;)
兎に角薬ばかりに頼ろうとしてとんでもない量の薬と抗うつ剤を出されます。
抗うつ剤はパニック障害に何の効果もありません。

あ、精神的におかしくなったとかじゃないですよ?
ちょっと精神的な部分でこじらせた風邪をひいたようなもんですから。
ご安心ください。

原因は「ストレス」です。
これが面白いことに、どんなに「いいこと」でも「わるいこと」でもストレスになるんですって。
例えば仕事を退職し念願の個人事業主になった!「いいこと」ですね?
でもその分とてつもないプレッシャーとストレスは増えているわけです。

気づいていないだけで。

そういうのが、どんどん蓄積されある日限界を勝手に迎えて体が
「あほか!お前!気づけっちゅーねん!!相当やばいんだぞ!」といって信号を送る。
それが、突然信号だけ来るもんだから「何これ?!?!バクバクバク」となるんです~。

なんとなく、伝わりますか?
ざっくりとした説明なんですが・・・(汗)

心療内科で貰う薬は「精神安定剤」です。
最初は薬に頼ります。
それから、ゆっくり、本当に超ゆっくり自分のバランスを取り戻していきます。
カウンセリングで楽になる人も居れば、余計にイラつく人も居ます(笑)
私はイラついて二度と行かなかった(笑)
あまり私はカウンセリングに効果があるとは思ってないです。
ただ、話を聞いて欲しい!という人にはかなりあっているようです。

精神安定剤も上手に付き合っていけばとっても便利です。
私も今は時々飲んでます。
お金なくって断薬(くすりをやめること)したんですよ(汗)

あと、パニックの発作が起きるときパターンがあります。
風邪を引いたり体が弱っているとき
極端に緊張するようなとき
外出するとき
乗り物の中
家族以外の他人と会うとき
人によって様々です。

パターンを見つける必要はないですが、苦手な部分を知ったら「くるかもしれない。よしよし、大丈夫。頑張れ自分!」と思って前もって覚悟が出来るのでなんとなく安心ですね。

あと落ち着く方法も様々です。

病院の先生から教えてもらったのは呼吸法。
私はそれと合わせて大ピンチの際は薬です。


目を閉じる
口から10秒かけてゆっくり息を吸う
鼻から10秒かけてゆっくり息を吐く

これを10分間続けます。
とはいえ、長すぎて続けられませんでした(汗)
落ち着くまででいいです(^^;

だんだん、発作が来るタイミングもわかってきます。

長くなってしまいましたね(汗)
パニック障害専門の外来がある心療内科が今は増えてきていますので、一度行ってみるといいかもしれません。
行く前にドッキン!が来たら「深呼吸です!!」

アドバイスになったでしょうか?(汗)
何かあったらメールでも何でもいいので連絡ください!
パニック暦5年目のヒカルより!!
日下ヒカル |  2010.07.22(木) 09:26 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.07.24(土) 11:05 |  |  【編集】

鍵コメさんへ

あぁっ!(汗)
そうだったんですね(汗)
失礼しました。
凄く長くなったからメールにしようかと思ったら、PC再インストールしちゃってたんでアドレスわからず・・・・
すみませんでしたー!!(汗)

お返事は向こうについてからゆっくりかきますね!(^-^)
日下ヒカル |  2010.07.24(土) 12:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/786-ec7f4bbf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。