サイトマップ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


お隣さんから 2

2010.08.21 (Sat)

第一話

お隣さんから 1


第二話

十年前のあの日私は二十二歳だった。
社会人になったのが二十歳。
その際、教育係として付いた先輩が私の彼氏になった。

池登 進

それが、彼の名前。
苗字からのインスピレーションなのか何故かあだ名は”コイちゃん”だった。
教育中何度もコイちゃんとぶつかった。
あれこれ喧嘩をして仕事のやり方に関して文句を言うなど、生意気な新入社員で名だたる悪名高き女として私は会社の中で有名になってしまった。
付き合い始めたものの、あっさりと新入社員との浮気が発覚。
一人ならまだしもなんと新入社員ほとんどに手を出していた。
ぶん殴った帰り道に寄ったこの店。

「また、ここに来てたの?」
迎えに来た夫。
私は結婚した。

あの時私を拾ってくれたマスターの息子。
高校生だった彼と。

「あの事件は終わってないから」
「終わったんだ。あれは、終わったんだよ」
「終わってない」

不可解な話だった。
あの日、たった一度しか会っていない男の子っぽい女の子。
あの子が死んだ。
この店の中で。

出て行ったはずの店の中で焼死体となって発見された。
私より先に出て、店を閉めたマスター。
朝、マスターの家に偶然今の夫に拾われ連れて行かれた。
その時マスターと会っている。

出火したのはその時刻と断定された。
警察の調べによって。

唯一店に出入りで自由なマスターは家に居た。
店と自宅はどんなに走ったとしても三分はかかる。
更に、出て行ったはずの男の子っぽい女の子が何故店の中にいたのか。
不明点は多かった。

警察は不法侵入した後、焼身自殺と断定した。

「あの時、もし誰かこの店に入れるとしたらたった一人だね」
夫が小さな声で言った。
「誰?」
夫は私の目を見ながら答えた。
「君だよ」

そう、あの時あの店に無断で入ったのは私。
私だった。
でも、あの人はいなかった。
あの人は。

「そのこと、誰かに言ったことある?」

誰にも言ったことのない真実を言い当てられた私は、ずっと持ち歩いていた小さな果物ナイフを握り締めた。





というわけで、珍しく続編を書きました!
リクエストを久しぶりに頂いて有頂天になって調子こいている日下ヒカルです。

こんばんは(笑)

あ、おはようか(汗)

嬉しいですね~
はやり、続きが読みたい!というコメントを頂くのは。
この場をお借りして、そらまめさんコメントありがとうございますm(_)m

ここ最近、小説はめっぽうサボっておりちっとも進まない物語に苦戦しておりまます。
一年以上、一日一本の短編を書いていたのですが完全に止まりました。

止まったというより、もはや話が前書いたのと似ている。
そんな感じになるんですよね。
新しいのがちょこっとしか出てこない。

今は、こっそり連続しているお話 時空間転送(連続しているけれど、一話完結で終わらせるお話シリーズ) と このお話 お隣さんから が いつまでか続くでしょう(笑)

長編を書くときのように、起承転結をまったく考えずに頭に浮かぶ映像をそのまま文章にしているので何が起こるかわかりません(笑)

では、今後とも応援よろしくお願いしますm(_)m

08:00  |  お隣さんから  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

拍手する


コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/808-2a6e282d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。