サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


みーやん の 猫生

2010.10.05 (Tue)

先日、みーやが亡くなりました。

その、みーやさんのことについて語ろうと思います。
未だにみーやの死をどう受け入れたらいいのかわからず、毎日みーやがいるときのように過ごしていますが
外猫の子猫を連れ込んで寂しさを紛らわせている事実は目の前に存在します。

つき合わされているタマはいい迷惑かもしれません。

みーやは我が家に突然連れ込まれた、子猫でした。

叔母の家に迷い込んだ子猫を我が家に連れてきて、当時沢山いた猫に一匹増えてもいいでしょ!といって持ってこられた子猫でした。

みーやは物怖じしない子猫で、先住猫にひっついたりいじめたり元気で一瞬でアイドルになりました。
確か、当時は家猫が10匹近くいたはずです。

高校一年生のときでした。

中々特徴のない外見をした猫だったので名前が三日間決まらなかったのですが
泣き声がとても特徴的で「みーや みーや」って鳴くんで、「みーやにしよう!」と私が決めました。

みーやは体が小さい猫で成猫になっても子を生む事無かったのですが
ある日突然流産してしまい、その後自分で処理して帰ってきてしまいました。
それからほったらかしていたら突然産気づいたのです。

まったくおなかが膨れなかったので誰も気づかず、Σ(O_O;)というかんじだったのですが
産まれたのはたった一匹でした。
まさに猫かわいがりで育った「ちび」
あまりに舐めるのでお尻がまっかっかになってました。
名前が決まらず、とうとう「ちび」は「ちっち」というあだ名が定着しました。

早々にみーやは彼氏を作っていたようですが、そのときは気づかず・・・
二・三ヵ月後にまた子猫を生みました。
このときはさすがに妊娠に気づきましたが難産で大変でした。
10時間以上二匹目が産まれず苦しんでいました。
この時産まれたのが、真っ黒猫とシャムっぽい猫でして「ジジ」と「ナナ」と名づけました。

この二匹が二ヶ月くらいのとき、みーやは行方不明になりました。
というか、その前にも一度年末に行方不明になりガリガリに痩せて自力で帰ってきて10日間どこかに迷っていたようだったんです。

また、行方不明になりどんなに探しても見つからず二週間が過ぎようとしていたある日
首輪につけていた迷子札をもぎ取って汚れて、ほとんど見えない状態になっていた電話番号にかけてくれたおば様に救われ留守電に「突然ですが、猫を探していらっしゃいませんか?ご連絡ください」という内容で慌てて連絡しました。

車で20分ほどいったところにいました。

ものすごい汚れて怪我もしていて歩けない状態でした。
家につれて帰り、翌日病院に行ったところ「車にはねられてるね」という診断結果。
また、骨折して時間が経ちすぎて骨が折れた状態でくっついているといわれてしまい
それでも手術が必要という事でお願いしました。

でも完全には治りません。

車に轢かれて生きて帰ってきた猫はまずいません。
迷って二週間近く経って帰ってくる猫もほとんどいません。

みーやは奇跡の猫なんです。

なんとか手術も成功し家に帰ってきて生活しておりましたが、みーやの子猫たちは全員車の事故で他界しました。
みーやは子離れして、子猫たちとはメス同士だったので仲良くなかったのですが
とっても人懐こい猫で誰にでもついて行くので、近所では有名でした。

色んな名前と家を持っていたので、結構浮気物でしたよ(笑)

頑張ってみーやは生きて、昨年突然脳神経障害の病気を患い死を覚悟しましたが
病院の先生もどう頑張っても無理!と言っていたのに復活したんです!!

この時は本当に完全介護してました。
不幸中の幸いで私は仕事の切り替え中だったので家にいたのですが
歩けないのでトイレから何から全部ずっと一緒で、母が起きている昼間私は寝ていました。

頑張ったんです。

完全に完治したわけではないですが、いっぱいもりもりご飯食べてすっごくふっくらしてたんです。

あっという間でした。
悪くなったら、あっという間に食べなくなって
奇跡を願って無理やり口に御飯食べさせたけど飲み込めなくなって
水もだめになって
病院連れて行ったらストレスで死に掛けて

どうしてもお散歩生きたいというので、一緒に歩きました。

どうしてあげたらいいのか、もう手段がありませんでした。

みーやは本当に人懐こいので来客をもてなし、お出迎えからお見送りまでちゃんとして
お返事もするし、お話もするし、とっても、とっても可愛い猫でした。

我が家では唯一の水色のお目目の子なの。

しっぽは洋猫のように長くなくて、ぼんきんさんみたいにちょんってついてるの。

どう受け止めたらいいのか
どう理解したらいいのか

わからないまま毎日が過ぎ、わからないまま時間が消えて

その不安定な状態はとても辛いです。

かわいい かわいい みーや

隠れファンが近所に多い みーや

みーやはもっと自由にひなたぼっこしたがったのを、私は閉じ込めた。
怒ってるかな。
恨んでるかな。

ぼーっとしてて、車に何度も轢かれそうになるから閉じ込めた。

クラクション鳴らしたって座り込んでごあいさつしちゃうんだもん。
にゃーんって・・・

もし、もし願いが叶うなら

猫たちを自由にひなたぼっこさせてもらえる地域があったらいいのにな。
壁の上に寝ててもいいじゃない。
室外機の上にいてもいいじゃない。
ちょっとお邪魔してもいいじゃない。

トイレしたり、花壇荒らさないようにみんなで工夫すればいいじゃない。

猫の自由を
ほんのちょっとした自由を

猫が歩いていたら車も止まってあげてください
鳥さんをいじめようとしてたら、鳥さんを守ってあげてください
猫が喧嘩してたら、負けている方を助けてあげてください

おなかすかせてたら御飯をあげてください
子猫を抱えてたら、あんまり増えると大変だから不妊手術をできるようにしたい

迷子になった猫を皆で捜せるように

共存できる地域があったらいいのにと
そうしたら、みーやはひなたぼっこしてのんびり過ごせる毎日があっただろうに。

大好きだったんだ。

ひとんちだけど、その家の塀の上がね。

日当たりよくってさ・・・

猫好きの我侭さ。
ホント、我侭。

でも、もしよかったら、猫にそういってくれる人が増えるとうれしいな。

23:43  |  リアル世界  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


コメント

御無沙汰しております

ヒカルさんもいろいろと有ったのですね。

沢山の家族を失った気持ち・・・解ります。

自分もようやく心が落ち着いてきました。

なのでまた二次元に戻ってきました。


全ての命が優しく暖かくいられる世界・・・希です。
かぜのお~ |  2010.10.20(水) 01:29 | URL |  【編集】

かぜのお~さんへ

こちらも、バタバタと空に行ってしまいました。
どうしてこう続くんでしょうね。

かぜのお~さんも大丈夫ですか?

子猫たちがいるおかげで私も何とか毎日生きています。
ちょっとか風邪なのかなんなのかわからないだるさに苦しんでますが・・・(汗)

みんなみんな、いつもどおり ごろんと寝てくれているだけでも幸せだったのになと思いますね。
日下ヒカル |  2010.10.20(水) 10:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/850-181483e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。