サイトマップ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

拍手する


スズとベル

2010.12.25 (Sat)

寒い冬のたった二日間くらい彼らは忙しなく動く。
どうしてこんなにも世界中に彼らは増えるのだろうか。

たった二日間。


髭を長く生やした爺さんと、角の生えた鹿のようなヤツと、そして彼ら。

彼らは兎に角どこにでもうじゃうじゃいる。
そして何より五月蝿い。

でも、その彼らを見て彼らの音でクリスマスを感じると言う。

まったく不愉快だ。
クリスマスなんてあってもしょうがない。

僕の側には誰もいない。
寒いだけで雪なんて迷惑だ。

家もないし暖かい飯なんて存在しない。

誰も、誰もいない。

まったく不愉快だ。


「あれ?キミ、どうしたの?ひとり?」

・・・誰・・・だ?

「おいで。ほら、おいで」

チリリン チリリン

・・・五月蝿い!それはキライだ!

「うーん、つられないか・・・。ほら、遊びにくらいおいでよ。せっかくクリスマスだし、御飯もいっぱい作るから一緒に食べない?」


・・・なんなんだろう?こいつは。
まったく知らない俺になんでそんなことを。
いや、まてよ。
もしかしたらこいつは俺に何かするつもりかもしれない。

「そんなに警戒しなくても・・・。あー、ほら付いておいで。捕まえないから」

・・・確かにおいしそうな匂いのするものを持っているが・・・

リンリン リンリン

「ここがうちだよ。さぁ、どうぞ。ねこちゃん」

ご馳走を一緒に食べた。

リンリン チリリン

ベルとスズがたくさんうじゃうじゃいるクリスマス。

耳が痛くなる甲高い音が五月蝿くてたまらない。
でも、ベルとスズが俺とこの人間の娘をつないだのかもしれない。

おかげで俺は温かい布団の上で寝ている。
うまい御飯ももらえる。

ただ、こいつがちゅーしてくるのがキライだ。

「こーら!!ポチ!そこで爪とがないの!!」

・・・猫にポチはねーだろと思ったんだが、こいつはやっぱり俺をポチと名づけたようだ。

みんなにメリークリスマス。

まぁ、ポチでよかった。
最初はメリーかクリスマスで悩んでいた姿を見たときは、引っかこうかと考えたんだがな。



20:40  |  短編小説  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

拍手する


コメント

こんな出会いも良いものです。
遅れてしまいましたが
(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゜☆メリークリスマス・:*:・゜☆
・・・でした。
カゼノオ~ |  2010.12.27(月) 18:11 | URL |  【編集】

カゼノオ~さんへ

とってもかわいいにゃんこだったとしても
中身がこんな風な性格かもしれないなぁと思って作っちゃいました(笑)

めり~くりすま~~~す!
日下ヒカル |  2010.12.28(火) 01:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://virtualworlds.blog87.fc2.com/tb.php/898-6082cd92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。